« 耐震強度偽装問題をあばく人 | トップページ | 紹介 »

2005年12月23日 (金)

国別常識(その2)

 このところの大雪で仕事は予定通りに行かず、その前に雪かきでヘロヘロである。ここまで降ると何だか笑ってしまいそうになる。昨夜で50cm積もった。

 笑いと言えば「M-1」だが、僕はお笑いにあまり興味がないので、どんなコンビが今一番うけているのかよく知らない。かつてウド鈴木が韓国のお笑い番組に出演して苦労していたのをテレビで見たことがある。韓国の笑いの傾向は全く分からないが、正直なところ僕自身には韓国そのものが笑いの対象である。

 少し前になるが、違法操業していた韓国の漁船を海上保安庁が追跡した。その後韓国からこのような違法操業の捜査は韓国でやらせろと言ってきたそうだ。

         ほとんど治外法権とちゃいますか?

 参考:厳選!韓国情報様 (ありがとうございます) 

 ちなみに、こんなスレッドがある。まだ半分までしか読んでいないのでその範囲内の話だが、かの国の常識には舌を巻くばかりである。中国も同じようなものだと思える。が、民主化されたら少しは変わるだろうか。韓国は一応民主国家であり、法治国家のはずだが。もう笑えて仕方がない。平凡な韓国人の普通の日常会話だけで爆笑の渦である。だから日本のお笑い界は韓国からのM-1への参戦を絶対に認めてはならない。これが今回の結論である!(ないよな)  
 

 これでも僕には在日朝鮮人の友人もいるし、書の師匠は中国人である。結局、国やその社会と1個人は全く別物である。しかしまあ、中華思想は全くろくでもないが、小中華思想というものはもっと呆れたものである。

 プライドは高いが誇りは無いように見えるのは僕だけか?

|

« 耐震強度偽装問題をあばく人 | トップページ | 紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142024/7797122

この記事へのトラックバック一覧です: 国別常識(その2):

« 耐震強度偽装問題をあばく人 | トップページ | 紹介 »