« 胡蝶 | トップページ | サッカー、五輪 »

2006年2月22日 (水)

竹島の日

 今日は島根県が定めた「竹島の日」。

「祝!!竹島の日」

と言える状態ではないことは周知の事実。竹島は日本の領土である。韓国も自分たちのものだと言っている。困ったことだ。ではどうするか?そんな場合は「国際司法裁判所」というところで争えばよいという事は、少し調べればわかる。日本は「そこで決着つけようぜ」と言っているのだが、韓国は「そんな必要はない」とつっぱねている。

「自分が正しいという自信があるのなら、どこへでも出て主張すればいいじゃん。」

普通はそうなると思うのだが、あの国ではどうも違うらしい。
「出るとこへ出ろ。」
「やだ。」
この時点で既に勝負あり。

 こう言っては何だが、国境というものが無い世界が理想である。

では国境を無くすにはどうすればよいか?

それは国境をしっかり決定し、誰もが国境を守る事。そう思っている。

逆の事を言っているように聞こえるかもしれないが、僕が言いたいのは「物事には順序がある」ということである。日本海の日本の漁場は韓国に荒らされ放題である。韓国側は乱獲により自国周囲の資源が枯渇してしまったため、日本の領海まで密漁に来ているわけである。このような輩に対して
「国境など無くして、仲良くやりましょうね。」
などと言ったら最後、どこまでしゃぶりつくされるか分かったものではない。ゆえに「人様に迷惑をかけないこと。人の物は人の物。」というような当たり前の良識が身に付いてからでないとそんなことはできない。無法者に与える自由などない。

韓国の不法操業(by★厳選!韓国情報★ 様

 今日は「嫌韓流2」をゲットしてきた。「嫌韓流1」の方も発売日当日に書店3件回ってようやく手に入れたが、このときは入荷も少なく買った書店でも目立つ所には置いてなかった。しかし今回はしっかり新刊本の棚にあった。業界も売れるとふんだな。ま、何が事実で何がウソかは自分で確認すべきだが、しっかり根拠も掲載されてるね。

マンガ嫌韓流2
マンガ嫌韓流2 山野 車輪

晋遊舎 2006-02-22
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(関係ないですが)
 先ほど、報道ステーションで滋賀の幼児殺人事件についてやっていた。犯人は中国黒龍江省の貧農の出身だと言っていた。まるで犯人の境遇に同情するかのよう。中国相手だとそんなんばっかりだね、はあ。

|

« 胡蝶 | トップページ | サッカー、五輪 »

コメント

鄭容疑者ですが、中国の中の、朝鮮族の出身ですね。23日の読売夕刊には、はっきりくっきり、書かれています。教えてくれませんね、毎日・TBSと、朝日・テレ朝は。

投稿: 時事問題ショートコメント | 2006年2月25日 (土) 03:56

コメントありがとうございます。
ネットが普及したおかげで、様々な情報が意図的に歪曲されていることがわかるようになりました。もはやお隣さんについて「知らなかった。」ではすまない状況ですが、マスコミがこれでは悲惨な事件がまだ続くかもしれませんね。

「差別だ!」
言いたい人は言えばよろしい、そんな心境です。

投稿: ケンジ | 2006年2月26日 (日) 10:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142024/8791821

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島の日:

« 胡蝶 | トップページ | サッカー、五輪 »