« 空海のこと | トップページ | 創価学会2 »

2006年4月12日 (水)

拉致問題 3

産経新聞より
「めぐみさん夫は拉致韓国人 北に全面解決迫る DNA鑑定 政府、確率99%」

北朝鮮の金桂寛外務次官が来日中にこれをぶつけるあたり、政府は本気になったか!

もっと、もっと、やってくれ。

 韓国嫌いの僕だが、韓国人の拉致事件も日本人同様に一刻も早い解決を願うばかりだ。横田めぐみさんの夫とされる韓国人拉致被害、金英男(キム・ヨンナム)さん、彼のお母さんが国境近くで我が子の名を呼ぶ映像がテレビで流れた。当事者にはおよびもつかないが、本当に悲しい事だ。韓国でもブルーリボン運動があれば、そちらも何か買うぞ!!

ブルーリボン運動

03_3   

 







今回の事で韓国政府も変化するかもしれない。今までの韓国では国内の拉致被害者を事もあろうに「北のスパイ」扱いしていたというからもう呆れてしまっていたのだが、今回の件で日韓タッグを組んで解決に乗り出していただきたいものだ。

 しかし、「の むひょん」ではねえ・・・・・。

参考 朝鮮日報より 「韓国政府は確認求めても門前払い」

N028_1

|

« 空海のこと | トップページ | 創価学会2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142024/9559771

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致問題 3:

« 空海のこと | トップページ | 創価学会2 »