« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月28日 (金)

拉致問題5

 「助けられず悲しい」拉致、米公聴会で証言 横田さん、対北制裁訴え(産経新聞より)

 横田早紀江さん陳述書全文
 
 本日はこのような貴重な機会を与えてくださったリーチ委員長、スミス委員長をはじめとする米議会の議員先生方に感謝いたします。
 私は、今から29年前、昭和52(1977)年11月に13歳で北朝鮮に拉致された横田めぐみの母、横田早紀江でございます。

 めぐみが中学校からの下校途中に行方不明になってから、どうしていなくなったのか分からない長い長い20年間の苦悩の日々を過ごしてまいりました。めぐみが北朝鮮の工作員によって拉致され、北朝鮮平壌郊外の工作員養成学校「金正日政治軍事大学」で工作員の日本人化教育の教員をしている、という情報が入ったのが、20年たった平成9(1997)年のことでした。

 こんなに長い間、このような大変なことがどうして分からなかったのだろうと感じつつも、私たちは、それでもめぐみが生きていたのだ、すぐにでも会えるという思いで大変喜びました。けれども、北朝鮮にいると分かってから、今日まで9年以上が過ぎたのに、まだ救出できないままです。なぜ、助けられないのか、口惜しくて、悲しくてたまりません。

 一貫して「日本人拉致」を否定してきた金正日は、14(2002)年9月の日朝首脳会談で、一転して13人だけの拉致を認めました。北朝鮮が拉致した日本人は13人どころではありませんが、彼らは、数多くの被害者について、いまだに拉致したことさえ認めていません。拉致の疑いがあるとして家族などが調査を依頼しているケースが450人以上あります。日本政府はそのうち30人以上について北朝鮮との外交交渉で名前を挙げて追及しました。

 娘「めぐみ」と、本日家族がこの席に来ています田口八重子さん、増元るみ子さん、市川修一さんら8人は、死亡と通告されましたが、北朝鮮が8人の死亡の根拠として提供した医師の署名入りの死亡診断書、病院死亡台帳、警察作成とされる交通事故調書などは、日本政府の精査の結果「すべて信じるに値しない」ものでした。一昨年11月「めぐみの骨」とされるものが、日本政府により持ち帰られましたが、日本の高度なDNA鑑定により全く他人で年齢も違う2人の骨であることが証明されました。松木薫さんのものとされる遺骨も本人のものではないという鑑定結果が出ています。

 これは一昨年11月、偽遺骨とともに日本政府に提供された、拉致直後のめぐみの写真です。この寂しそうな顔を見て、私は思わず写真をなでながら「めぐみちゃんこんなところにいたの。どれほど不安だったでしょう。まだ助けてあげられなくてごめんなさい」と話しかけました。本日、一緒にこちらに参っていますめぐみの弟、拓也ももう一人の弟とともに、この写真を見て男泣きに泣きました。

 14(2002)年9月の日朝首脳会談後、めぐみの娘、私たちの孫であるキム・ヘギョンさんの存在が明らかになりました。今月11日にはめぐみの夫、そして私たちの孫の父が、実は「韓国の拉致被害者」である金英男さんであることが、DNA鑑定で証明されました。金英男さんは、めぐみが拉致された1年後の昭和53(1978)年、16歳高校生で拉致されています。英男さんをはじめ5人の韓国の高校生が拉致されたことが分かっています。ところが、北朝鮮はいまだに英男さんら韓国人を拉致したことを一切認めていません。

 あまりにも数々のうそ、偽りを言い続けながら、開き直っている北朝鮮に憤りを覚えます。罪なく、このような理不尽な国家テロの犠牲になって、今も長期にわたり監禁され助けを求めている世界の12カ国に及ぶ多くの被害者を助け出さねばなりません。ひどい人権侵害に苦しんでいる北朝鮮の人々も助けなければなりません。亡命工作員の証言によると、娘は工作船の暗い船底に閉じ込められ「お母さん、助けてお母さん」と壁をかきむしって、絶叫し続けて、暗い海を運ばれたといいます。それから4半世紀を超え、既にどの親も老齢のため、残された時間は多くありません。

 めぐみたちはまだ元気であちらにいるのです。そして、あの国がいかに凶暴であり、人の命を何とも思っていないようなところであるということはもう世界中が知っています。貴国のブッシュ大統領が、「悪の枢軸」と言われる通りです。たくさんの日本の、韓国の、また多くの国の何の罪もない若者たちが数十年間も抑留され、向こうの思ったように動かなければ強制収容所や、銃殺刑にされるかもしれない中で、一刻一刻助けを待っているのです。まだおぼれたままでいるのです。おぼれた人がいれば、私たちはすぐにでも手を差し伸べるのではないでしょうか。ほかのいろんな用事をまずおいて、飛び込んで助けるのが人の心ではないのでしょうか。

 私たちは、本当にもう心身疲れ果てておりますけれども、子供たちが助けを求めている間はどんなことがあっても倒れることができません。日本の国民、全世界の自由を愛する国民の総意で、「怒っている」と北朝鮮に態度を示していただきたいと私は願っています。拉致は許せない。全被害者をすぐに返しなさい。それがないなら経済制裁を発動します」とはっきりと言っていただきたいのです。

 先月には、トーマス・シーファー駐日米国大使がわざわざ新潟の「めぐみ拉致現場」をご視察くださり、拉致のむごさを身をもって感じ「私の人生の中でもっとも悲しい話の一つだ」とお語りくださいました。子供たちの失われた年月は取り戻せませんが、世界各国から拉致されたすべての被害者たちを助け出し、これからの人生を自由の地で過ごさせてやりたい、それが私たち家族の心からの願いでございます。何とぞ、米国議会、政府、国民の皆さまのお力添えをお願いいたします。

 ありがとうございました。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 ブッシュやアメリカが好きなわけではない。だが北朝鮮はそんなレベルで語れる国ではない。この陳述書の内容は当然、金正日も目にするだろう。これを読んでこの男は何を感じるのだろうか。

 そして・・・情けない、実に情けない、つくづく情けない。
 
日本は何をしているのか。政府は何を思うのか。なぜ経済制裁をしないのか。被害者が外国へ行って「何とかして欲しい。」と言わねばならないこの状況。日本政府は拉致被害者家族から見限られたのである。まして北朝鮮を擁護し続けてきた人々は今どう感じているのだろうか。拉致被害者家族を「北朝鮮との国交正常化の邪魔」とでも言うかのような発言をする朝日や反日日本人はまさに拉致解決の最大の障害である。
反日日本人(2005/10/30)
拉致問題(2006/1/8)

 また事ここに至っても横田さんらへの嫌がらせや脅迫がある。

めぐみさん写真展、デパートに脅迫状…会場を変更(読売新聞)

娘を拉致され、政府は頼りにならず、その上同じ国民からの嫌がらせ。

『私たちは、本当にもう心身疲れ果てておりますけれども、子供たちが助けを求めている間はどんなことがあっても倒れることができません。』

この悲痛な叫び。アメリカ国民の耳に届いてほしい。

日本政府は「アメリカに借りを作ってしまう」とでも思っているのだろうか。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年4月27日 (木)

名所巡り、いや道草

 ただいま田植えの準備に忙しい。(ほとんど父親)

外回りはほとんど僕が行っているが、今日は余裕があったので道草。

岐阜県根尾にある薄墨桜。有名だが逆に言えば他に何もない・・・かも。しかし1週間遅かった。すでに葉桜だった。ううう、でもまわりの小さな木はまだ花が残っていた。
Dscn0212_1











Dscn0213























 そこには売店もあったが、桜の時期はほとんど終わりにさしかかり、半分ほどの店は閉まっていた。そこで見つけた店。

・・・・・・・売れるのか?このグッズ?






Dscn0217
























薄墨桜への道の途中で撮影。電気もガスも水道もある。ネットもできるさ。ただコンビニは無い。人間が生きるのに本当に必要な物って大して多く無いんだろうね。

Dscn0220

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

創価学会2

 毎年4月21日は地元の弘法様祭りである。

 その日子供達は学校が終わると、自転車でそこらじゅうの寺を回って10円ほどの賽銭を投げ餅やお菓子をもらいに走る。昔は僕もよくやった。
 オトナ達は皆その準備に追われるわけで、その年の当番に当たった家は担当地区でお金(500円)かお米を集めに回る。昔は何も問題は無かった。

 このあたりの田舎でも年に何軒かの転入がある。そのうちの何軒かは「創価学会」の会員がいる。そのほとんどの家は祭りのための僅かな協力さえ拒否するのである。(ちなみにその家の子供は他の子供と同様に寺を回るのだが。)

 おかげで今年当番のうちの母上はご立腹である。
「まったく、創価学会ってのはろくでもないね。」

以前からちびちび調べている。

「創価学会に悩むすべての人」へ
創価学会員への 折 伏 教 本

創価学会とは何か
創価学会とは何か 山田 直樹

新潮社 2004-04-15
売り上げランキング : 11,804

おすすめ平均 star
star良くかけたなあ。
star身近に迫る恐怖。
star選挙に行こう!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 発足は昭和12年でありながら、最盛期には信者は八百万世帯というから我々も見習うべき、凄まじい増え方だ。またいったん入会してしまうと脱会するには相当なエネルギーを必要とするようだ。よく言われるマインドコントロールである。善悪、損得といったものが吹っ飛んでしまうのだろう。
  それにしても池田大作先生というのは凄い人らしい。若い頃は消費者金融の営業部長で取り立てをやっていたというから、今の組織の運営にも役だっているのだろう。
 さて、かつてブログ「依存症の独り言」様で紹介されていたサイトがこれ。
富士美術館
その中にこれがある。 創立者池田大作SGI会長略歴

そのページの大半は大先生が大先生たる証拠だ、といわんばかりに勲章だの表彰だので埋め尽くされている。それでもなお載せきれずに「その他に50ほどあります」「その他に150ほどあります」という文句が書かれている。

こういうのを「自己顕示欲」というんですかね。

写真を見ているだけで背筋がゾッとするし、1個1個読むのもウンザリなので下へスクロールしてしまうのだが、面白い部分がある。右端にあるクリック出来る箇所である。

「ページ上部へ戻る」×3

これが僕にはこのページの製作者も実は陰であきれているのではなかろうか?と思えてしまうのである。
                                ・
                                ・
                                ・
                                ・
                                ・
                                ・
                                ・
                                ・
「読んでいただいている皆様、お疲れ様です。くだらないですから、最後まで付き合ってくださらなくても結構ですよ。」

そんな風に感じてしまうのは、僕の方がイカレているのかね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

拉致問題 3

産経新聞より
「めぐみさん夫は拉致韓国人 北に全面解決迫る DNA鑑定 政府、確率99%」

北朝鮮の金桂寛外務次官が来日中にこれをぶつけるあたり、政府は本気になったか!

もっと、もっと、やってくれ。

 韓国嫌いの僕だが、韓国人の拉致事件も日本人同様に一刻も早い解決を願うばかりだ。横田めぐみさんの夫とされる韓国人拉致被害、金英男(キム・ヨンナム)さん、彼のお母さんが国境近くで我が子の名を呼ぶ映像がテレビで流れた。当事者にはおよびもつかないが、本当に悲しい事だ。韓国でもブルーリボン運動があれば、そちらも何か買うぞ!!

ブルーリボン運動

03_3   

 







今回の事で韓国政府も変化するかもしれない。今までの韓国では国内の拉致被害者を事もあろうに「北のスパイ」扱いしていたというからもう呆れてしまっていたのだが、今回の件で日韓タッグを組んで解決に乗り出していただきたいものだ。

 しかし、「の むひょん」ではねえ・・・・・。

参考 朝鮮日報より 「韓国政府は確認求めても門前払い」

N028_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

空海のこと

 僕は司馬遼太郎の作品がとても好きである。

空海の風景」これは戴けない。この本を読んだのは6年前なのだが、読んだ頃から違和感がいくつもあった。根本的に空海をテーマにしながら、その主人公を嫌っているようにも思えた。文章のなかには
「食えない人間」
「ずるい」
「顕示欲の強い」
などという単語を随分使っている。

彼は無神論者なのだ。そんな作家が宗教家について小説を書いてもおかしな話になってしまう。

 司馬遼太郎がどう言おうが関係ないが、僕は空海が好きで他にも本を買い、こんなビデオも持っている。そして3年前こんな本を買った。

もうひとつの「空海の風景」-誤解された日本人の無常観

この本は「空海の風景」を題材にしながら、司馬遼太郎の無知さ加減をけちょんけちょんにしながら、さらに彼に反論すらできない仏教界の態度にも怒りをぶちまけながら、独自の死生観を示している。これがなかなか良いと思う。

 「空」について般若心経を引き合いにして書いている。司馬遼太郎も仏教界の重鎮も「お前ら全然分かってねーぞ!!」ぐらいの書き方で、とても楽しい。(以下引用)
※    ※    ※    ※    ※    ※    ※    ※
『人は「海」を見ると言いながら、実は「海」を見ているのではなく「海」の表面に表れている現象としての「波」を見ているにすぎない。しかし「波」はそれ自体として独自に存在しているのではない。「波」の本体は「海」であり「海」あっての「波」であることは言うまでもない。「海」が実体であり「波」はそのはたらき(作用)である。
 
「色」と「空」も全く同様である。「空」という実相世界のはたらきとして表面に表れたのが「色」という仮相世界なのである。「色」も「空」も存在しているが、その存在のあり方、立場は「波」と「海」のように異なるのだということがわからないと、○○氏のように「色」も「空」も同次元で論じたり、「空」は「無」だと言ってみたりするのである。また「色」は人間界であり「空」は霊界であることは言うまでもない。』
(引用終わり)
※    ※    ※    ※    ※    ※    ※    ※    

この人、断言してます。霊界はあるのだ、と。スピリチュアリズムを勉強していればそれは大前提なのであるが、仏教を学ぶだけでここまで断言できるほどの域に到達できるのだろうか。少し疑問である。著者の経歴等参考になるものが全く書かれていないのでよく分からない。僕もそれほど仏典を読んでいるわけではないから何とも言えないが。

それはさておき、般若心経の解説本を何冊か読んだが、この説明の方が圧倒的に分かりやすい。そうかもしれない。

面白いと思ったところをいくつか挙げてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

歴史教科書問題。では昔の韓国の国語の教科書は?

日本の歴史教科書について、また外野からブーイングが飛んでいる。


そんな歴史の1ページを紐解く。

日本統治時代の朝鮮では2カ国語の教育が受けられてうらやましーぞ。
H1

H4_2

H6

















でもさ、小学生から英語教育やるのは反対なんだよね。
(去年ブログで書いたもの「英語教育」)
矛盾してるじゃないか!とは思うんだけど日本人が大人になってもまともに英語が話せないのは、教育の開始時期が遅いのではなくカリキュラムそのものが間違っているからだと思うのだが。

▼相次ぐバス内暴力事件を受け、韓国のバスは今年から運転手を乗客から隔離する保護壁を設置することが義務付けられたそうです。(厳選!韓国情報様)

さすがはアジアの情熱の国である。今日も拝見したら・・・・・

★JR西日暮里駅で催涙スプレーが撒かれ、20人以上が怪我・・・韓国武装強盗団の仕業か 

もう全然、笑って済ませる領域ではないんですけど。

あなた方の国の常識は他の国では犯罪です。







W090

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »