« 名所巡り、いや道草 | トップページ | 歴史の散歩道 1 »

2006年4月28日 (金)

拉致問題5

 「助けられず悲しい」拉致、米公聴会で証言 横田さん、対北制裁訴え(産経新聞より)

 横田早紀江さん陳述書全文
 
 本日はこのような貴重な機会を与えてくださったリーチ委員長、スミス委員長をはじめとする米議会の議員先生方に感謝いたします。
 私は、今から29年前、昭和52(1977)年11月に13歳で北朝鮮に拉致された横田めぐみの母、横田早紀江でございます。

 めぐみが中学校からの下校途中に行方不明になってから、どうしていなくなったのか分からない長い長い20年間の苦悩の日々を過ごしてまいりました。めぐみが北朝鮮の工作員によって拉致され、北朝鮮平壌郊外の工作員養成学校「金正日政治軍事大学」で工作員の日本人化教育の教員をしている、という情報が入ったのが、20年たった平成9(1997)年のことでした。

 こんなに長い間、このような大変なことがどうして分からなかったのだろうと感じつつも、私たちは、それでもめぐみが生きていたのだ、すぐにでも会えるという思いで大変喜びました。けれども、北朝鮮にいると分かってから、今日まで9年以上が過ぎたのに、まだ救出できないままです。なぜ、助けられないのか、口惜しくて、悲しくてたまりません。

 一貫して「日本人拉致」を否定してきた金正日は、14(2002)年9月の日朝首脳会談で、一転して13人だけの拉致を認めました。北朝鮮が拉致した日本人は13人どころではありませんが、彼らは、数多くの被害者について、いまだに拉致したことさえ認めていません。拉致の疑いがあるとして家族などが調査を依頼しているケースが450人以上あります。日本政府はそのうち30人以上について北朝鮮との外交交渉で名前を挙げて追及しました。

 娘「めぐみ」と、本日家族がこの席に来ています田口八重子さん、増元るみ子さん、市川修一さんら8人は、死亡と通告されましたが、北朝鮮が8人の死亡の根拠として提供した医師の署名入りの死亡診断書、病院死亡台帳、警察作成とされる交通事故調書などは、日本政府の精査の結果「すべて信じるに値しない」ものでした。一昨年11月「めぐみの骨」とされるものが、日本政府により持ち帰られましたが、日本の高度なDNA鑑定により全く他人で年齢も違う2人の骨であることが証明されました。松木薫さんのものとされる遺骨も本人のものではないという鑑定結果が出ています。

 これは一昨年11月、偽遺骨とともに日本政府に提供された、拉致直後のめぐみの写真です。この寂しそうな顔を見て、私は思わず写真をなでながら「めぐみちゃんこんなところにいたの。どれほど不安だったでしょう。まだ助けてあげられなくてごめんなさい」と話しかけました。本日、一緒にこちらに参っていますめぐみの弟、拓也ももう一人の弟とともに、この写真を見て男泣きに泣きました。

 14(2002)年9月の日朝首脳会談後、めぐみの娘、私たちの孫であるキム・ヘギョンさんの存在が明らかになりました。今月11日にはめぐみの夫、そして私たちの孫の父が、実は「韓国の拉致被害者」である金英男さんであることが、DNA鑑定で証明されました。金英男さんは、めぐみが拉致された1年後の昭和53(1978)年、16歳高校生で拉致されています。英男さんをはじめ5人の韓国の高校生が拉致されたことが分かっています。ところが、北朝鮮はいまだに英男さんら韓国人を拉致したことを一切認めていません。

 あまりにも数々のうそ、偽りを言い続けながら、開き直っている北朝鮮に憤りを覚えます。罪なく、このような理不尽な国家テロの犠牲になって、今も長期にわたり監禁され助けを求めている世界の12カ国に及ぶ多くの被害者を助け出さねばなりません。ひどい人権侵害に苦しんでいる北朝鮮の人々も助けなければなりません。亡命工作員の証言によると、娘は工作船の暗い船底に閉じ込められ「お母さん、助けてお母さん」と壁をかきむしって、絶叫し続けて、暗い海を運ばれたといいます。それから4半世紀を超え、既にどの親も老齢のため、残された時間は多くありません。

 めぐみたちはまだ元気であちらにいるのです。そして、あの国がいかに凶暴であり、人の命を何とも思っていないようなところであるということはもう世界中が知っています。貴国のブッシュ大統領が、「悪の枢軸」と言われる通りです。たくさんの日本の、韓国の、また多くの国の何の罪もない若者たちが数十年間も抑留され、向こうの思ったように動かなければ強制収容所や、銃殺刑にされるかもしれない中で、一刻一刻助けを待っているのです。まだおぼれたままでいるのです。おぼれた人がいれば、私たちはすぐにでも手を差し伸べるのではないでしょうか。ほかのいろんな用事をまずおいて、飛び込んで助けるのが人の心ではないのでしょうか。

 私たちは、本当にもう心身疲れ果てておりますけれども、子供たちが助けを求めている間はどんなことがあっても倒れることができません。日本の国民、全世界の自由を愛する国民の総意で、「怒っている」と北朝鮮に態度を示していただきたいと私は願っています。拉致は許せない。全被害者をすぐに返しなさい。それがないなら経済制裁を発動します」とはっきりと言っていただきたいのです。

 先月には、トーマス・シーファー駐日米国大使がわざわざ新潟の「めぐみ拉致現場」をご視察くださり、拉致のむごさを身をもって感じ「私の人生の中でもっとも悲しい話の一つだ」とお語りくださいました。子供たちの失われた年月は取り戻せませんが、世界各国から拉致されたすべての被害者たちを助け出し、これからの人生を自由の地で過ごさせてやりたい、それが私たち家族の心からの願いでございます。何とぞ、米国議会、政府、国民の皆さまのお力添えをお願いいたします。

 ありがとうございました。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 ブッシュやアメリカが好きなわけではない。だが北朝鮮はそんなレベルで語れる国ではない。この陳述書の内容は当然、金正日も目にするだろう。これを読んでこの男は何を感じるのだろうか。

 そして・・・情けない、実に情けない、つくづく情けない。
 
日本は何をしているのか。政府は何を思うのか。なぜ経済制裁をしないのか。被害者が外国へ行って「何とかして欲しい。」と言わねばならないこの状況。日本政府は拉致被害者家族から見限られたのである。まして北朝鮮を擁護し続けてきた人々は今どう感じているのだろうか。拉致被害者家族を「北朝鮮との国交正常化の邪魔」とでも言うかのような発言をする朝日や反日日本人はまさに拉致解決の最大の障害である。
反日日本人(2005/10/30)
拉致問題(2006/1/8)

 また事ここに至っても横田さんらへの嫌がらせや脅迫がある。

めぐみさん写真展、デパートに脅迫状…会場を変更(読売新聞)

娘を拉致され、政府は頼りにならず、その上同じ国民からの嫌がらせ。

『私たちは、本当にもう心身疲れ果てておりますけれども、子供たちが助けを求めている間はどんなことがあっても倒れることができません。』

この悲痛な叫び。アメリカ国民の耳に届いてほしい。

日本政府は「アメリカに借りを作ってしまう」とでも思っているのだろうか。

|

« 名所巡り、いや道草 | トップページ | 歴史の散歩道 1 »

コメント

無断でTBさせていただいたにもかかわらず、私のブログにお越しいただき、ご丁寧にコメントまで頂戴しました。ありがとうございました。本当にこの問題の解決、不安ながらも心から祈っております。

投稿: VIVA(お礼) | 2006年4月30日 (日) 10:49

 コメントありがとうございます。
ご紹介頂きました「アメリカの世界戦略を知らない日本人」是非読んでみようと思っています。
 さて拉致問題、早期解決を祈るばかりです。ただ「悲しい」などと一言で言ってしまうと、事の重みが軽くなってしまうようで言葉にしづらいのですが、風化することのないように声をあげ続けたいと思います。

投稿: ケンジ | 2006年4月30日 (日) 20:02

the only time the gentlemen of the youth group were interested in my knotting skills was when we were in competition with other youth groups.

投稿: penicillin | 2006年5月14日 (日) 07:23

Please teach medicine to prescribe to North Korean stupid general.
(北朝鮮の馬鹿な将軍様につける薬を教えてください。)

国のボスでもgeneralでいいのかよく分かりませんが、コメントありがとうございました。

投稿: ケンジ | 2006年5月14日 (日) 20:55

"Only in New Orleans, and I don't think they were real."

投稿: zoloft | 2006年5月15日 (月) 16:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142024/9804327

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致問題5:

» 『アメリカの世界戦略を知らない日本人―』日高義樹 [本を読もう!!VIVA読書!]
  横田めぐみさんのお母さんが訪米され、下院公聴会で証言をし、ついにブッシュ大統領との会談を実現するところまでこぎつけました。先日サンデープロジェクトで『ウルトラダラー』の著者、手嶋龍一氏は“日米外交のパイプは詰まっている”というような旨の発言をしていましたが、久々、外務省の面目躍如!何度も訪米を繰り返した、拉致家族の方々のご苦労がやっと実った、そういう見方も正しいでしょう。 私がそのニュースを聞いて思い浮�... [続きを読む]

受信: 2006年4月29日 (土) 01:23

« 名所巡り、いや道草 | トップページ | 歴史の散歩道 1 »