« 英語は苦手 | トップページ | ご連絡 »

2006年5月15日 (月)

またまた竹島問題

 たまたま朝日ニュースターニュースの深層を見たら、竹島は日韓どちらのものか?
ということで討論もやっていた。

ゲスト:下條正男(拓殖大学国際開発学部教授)←日本領主張
キャスター:金 慶珠(♀)(東海大学助教授)←韓国領だと主張したい

さて番組では金氏が必死に韓国側の肩を持つのだが、下條氏は冷静に受け止め
ズタズタに論破していた。ずっとそんな構図、その上

「韓国は資料の改竄をしている。」

大学の先生同士の討論会なのに、ここまで言っちゃっていいのかい?とも思ったけど同情の余地無し。

下條氏は日本の政治家にも、日本国民に竹島問題を勉強してほしいと言っていた。
島根県が孤立無援で頑張っているのに、日本の政府はまったくねえ。

最後におもしろい事を言ってくれた。
下條氏 「竹島問題は日本では誰も知らなかった。それを教えてくれたのは盧武鉉(ノ・ムヒョン)ですね。あのおじさんには本当に感謝しています。世界中に竹島問題を知らしめてくれました。これで韓国は逃げられなくなった。」


金氏 「日本も逃げられなくなりましたね。」
強がりは言うだけ言ってみる。

最後に金氏が言っていた。
「いやあ、初めはこの討論をしたら石でも投げられるんじゃないかと思ってましたよ。」

あなたの国ではそうでしょうね。

Kw010






 ←教えてくれた人

|

« 英語は苦手 | トップページ | ご連絡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142024/10087836

この記事へのトラックバック一覧です: またまた竹島問題:

» 『北朝鮮に消えた友と私の物語』萩原遼 [本を読もう!!VIVA読書!]
横田めぐみさんの父、滋さんが韓国を訪れ、めぐみさんの夫とされた拉致韓国人、金英男さんのご家族と面会され、韓国マスコミも大きく報道したそうですね。まずは、良かったと思っていたところへ、不穏なニュースです。 民団(在日韓国側)と総連(北朝鮮側)が和解するというのです。ソウルに滞在中の横田さんのコメントは、新聞によりますと「民団には何度か講演にも行き、拉致問題に理解があるが、総連とは連絡がない。反日ではなく�... [続きを読む]

受信: 2006年5月17日 (水) 19:09

« 英語は苦手 | トップページ | ご連絡 »