« 毎度、ココログトラブル | トップページ | スピリチュアリズムの紹介 »

2006年6月 7日 (水)

自信を持つのは良いことさ

mumurブルログ様 経由 中央日報

【社説】W杯に「オールイン」の社会の雰囲気を憂慮する

  5.31地方選挙が終わるや我々社会はワールドカップ(W杯)の熱気に吸い込まれている。W杯サッカー本選はまだ始まってもいないのに大韓民国ではかなり前から本線が始まっている。どこに行っても赤い波一色で、テレビを見ても「大~韓民国」だ。ガーナとの最後の親善試合があったおとといの夜、ソウル市庁前広場などでは2万人が街頭応援を繰り広げた。雰囲気だけ見ればベスト16には当然進出するようである。

  もちろん世界的祭りであるW杯サッカーに関心がいくのは当然だ。特に2002年4強神話を果たした韓国としては今回のW杯出場は感慨もひとしおなのだ。

  しかしスポーツはスポーツであるだけだ。民族主義が割りこめばその時点からスポーツの純粋性は破損される。ただ見て楽しめばいいのだ。勝敗にあまり興奮する必要もない。しかし我々は今、W杯に「オールイン」している。すでに我々にはW杯以外には何もないようだ。もしベスト16進出に失敗したとき、国民的衝撃と後遺症をどうやって治癒すればいいのかと心配している。何でも度が外れれば後遺症がつきものだ。

  このように社会全体がW杯熱気に陥った最大の理由は、放送の商業主義にあるといえるだろう。テレビ放送は前からドイツ現地にアンカーたちを派遣、メインニュースを進行するなどW杯ブーム作りに出た。

  理由は簡単だ。この時期を利用して広告商売を一気に展開するためだ。だから1カ所で中継されれば十分なものをテレビ3社が同時に中継することにした。電波の無駄遣いに外貨の無駄遣いだ。ここに一般企業の商業主義まで加勢している。W杯を後援するという口実で自社のイメージ広報に余念がない。W杯の人気に便乗しようという発想だ。

  果たしてこれでいいものか。W杯に陥没し、すべてのものを忘れて暮らしてもいいのか。W杯とは関係なく現実は現実として存在する。北核問題や韓米自由貿易協定(FTA)締結、石油価格の高騰と為替レートで不安定な経済、不動産バブル、地方選挙以後まひした国政運営など国の懸案は懸案のまま残る。

  個人も同じだ。個人の日常の問題が、W杯で勝って解決されるわけではない。我々が、サッカーしか知らない南米の三流国家ではない限りこれではいけないのだ。

  そんな今、ある市民団体の活動家約100人がこんなW杯の狂風に歯止めをかけることにしたという。彼らは「商業主義に属したW杯熱風が社会問題を覆い被せてしまっている」と反W杯キャンペーンをするそうだ。熱しやすくて冷めやすく、一方に偏りがちな我々社会で、このような声があるということ自体だけでも新鮮でうれしい。

  W杯は勝っても負けても1カ月後には終わる。しかし我々の生活はその後にも続くのを忘れないでほしい。

****************************************

>サッカーしか知らない南米の三流国家

一流国家は言うことが違いますね。
こういう社説を書くにあたり、社内で「いくら何でも・・・」という意見はでないのだろうか?不思議。

>勝敗にあまり興奮する必要もない。

WBCのときはどうだったっけなー

>何でも度が外れれば後遺症がつきものだ。

♪わかっちゃいるけどやめられない。すいすいすーだらだったすらすらすいすいすいー





Kw023


















「来るのは勝手。でも絶対に何もするな!!」

テロより怖い韓国軍



相変わらず何のブログかわからんな・・・・・。

|

« 毎度、ココログトラブル | トップページ | スピリチュアリズムの紹介 »

コメント

こんにちは。
いつも面白いブログありがとうございます。

『W杯サッカーは、国と国との戦争ですから』
という誰かのコメントをTVで聞いたことがあります。

それを聞いて、うんうん頷いている熱狂的なサッカーファン
もある種のマジックにかかっているような気がします。

『敵』を設定してそれに勝つことで自分の『強さ』を認識
して優越感に浸ることが気持ち良いのは、我々が子供の頃
からそういう教育の下に生きてきたからだと思います。
受験とかもそうですし、スポーツもそう。子供向けの娯楽
TV番組でさえ『悪者』を設定しそれをやっつけることで
優越感を与えられます。

そもそも、民主主義の『正義』とは『多数決』とほぼ同じ
意味のような気がしますし、明らかに敵が悪いとわかる
TV番組のようなら疑問も出ないのですが、大人社会では
やっつける『敵』が必ずしも悪者だとは限らないのですけ
どね。
正義の定義があいまいなだけに行き過ぎるとちょっと怖い
ものを感じます。

その人が住んでいる境地がどの程度のレベルかで、簡単に
「その手」のマジックにかかってしまう危険性があると
感じます。
平和とは?友愛とは?豊かさとは?マジックにかかると
そんなことなんて本当にどーでもよくなりますから(笑)
W杯はまあ楽しみですが、熱狂して我を忘れないように
僕も気をつけよっと(^^

投稿: しんじ | 2006年6月 8日 (木) 15:06

しんじさん、こんにちは。

サッカーワールドカップが始まりますね。実は僕は結構熱狂的なファンでありまして、今回も相当熱くなることは間違いないです。へへへ

「W杯は国と国の戦争だ」という言い方をされますよね。ホンジェラスとエルサルバドルはサッカーが原因でホントに戦争やってますし・・・(アホな)。確かにそういう側面もあるとは思うのですが、なんだかんだ言ってもスポーツの祭典ですから、それをどう捉えるかだと思います。競争・勝負というものは「互いに切磋琢磨する」という風に考えればとても良い事だと思いますし、それが「手段は関係ない。勝てばいい」となればこんな事をしでかすわけです。↓

(このサイトに飛ぶ前に笑う準備を!) http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/23f96451a27abb92e1c183c3b131eaac


愛国心なんかも同じではないかと思います。国を愛して何がいけないのかと僕なんかは不思議に思います。それがおかしな方向へ行き、「他の国は低レベルだ」と恥ずかしげも無く宣う人達も自分たちを愛国者だと言いますからね。

民主主義の多数決というものは僕もいつも考えますが、納得のいく答えが出し切れません。
多数が正しいとは限らない場合も確かにあると思います。僕の好きなSF小説に「銀河英雄伝説」というものがあるのですが、その中で民主主義について書かれている所があります。
「民主主義とは多数決で決まる。100人いれば51人の賛同を得ればよい。しかしその51人の中には派閥がある。つまりさらにその過半数の26人の意見で決まる。」
これは単純化した言い方なわけですが、考えちゃいましたね。

勝負であっても相手に敬意を払う事を忘れないかぎり、熱くなってもいいかなーと思っています(笑)。

投稿: ケンジ | 2006年6月 8日 (木) 23:18

「銀英伝」私もよく見ました!
ラインハルトが言ったセリフで、

『民主主義とは、人民が自由意志によって自分たち自身の
制度と健康をおとしめる政体のことか?』

というのが妙に印象に残っています。

民主主義は自由と引き替えに、衆愚政治へと落ちてゆく
危険性があることを痛烈に批判した一言だと思いますが、
ヤン・ウェンリーは負けじと『帝国主義の皇帝がいつも
名君だとは限らない』と批判します。

両者の意見に共通していることは結局、『人間は完全な
生き物でなない』ということかな?と思ったのですが、
正義とか理想とかの内容が、人によって変わるのでそれに
上下関係を付ける『審判役』が必要となるのかなと思い
ました。
過去の歴史ではその『審判役』が『神』であり、その言葉
を代弁できる『宗教家』だったように思います。
昨今のスピリチュアリズムブームは、失った『審判役』を
求めている人々の心の叫びなのかなー

なんて、朝っぱらからとりとめもないことを考えてしまいました(笑)

投稿: しんじ | 2006年6月 9日 (金) 08:28

しんじさん、こんにちは。

しんじさんも「銀英伝」ご存じでしたか。面白いですよね。ベースは三国志だと思いますが、戦時中の日本なんかも参考にしているのではないかと思っています。特にヤン・ウェンリーは米内光政がモデルではないか・・・と密かに勘ぐっています。

さて国の政治体制というのは国民の成熟度によると思います。日本でも幕藩体制はその当時はそれがベストであり、今は民主主義がベストなのだと考えています。政治の考え方は人それぞれで善悪で語るものでもないと思いますが、公明党あたりは何とかならんものかと。

>両者の意見に共通していることは結局、『人間は完全な
>生き物でなない』ということかな?と思ったのですが、

これはまさに同感です。方向性は違えど、腐敗した組織を立て直そうとしましたよね。

>過去の歴史ではその『審判役』が『神』であり、その言葉
>を代弁できる『宗教家』だったように思います。

そうなんでしょうね。それが唯物史観ばかりになって混乱しているのだと思います。また「審判役」は本来「理性」のはずですよね。1人1人が「審判」をできるようになるのが理想かなと思います。その結果さらに「神」という審判部長がいる、みたいな。


2002W杯では、モレノという審判が100年先まで語り継がれるジャッジをしましたよね。そんなわけでブログのサイドバーには「FAIR JUDGMENT PLEASE」を貼ってます。

ご存じ無い方はこちらを。
http://www58.tok2.com/home/letsgokorea/

今夜開幕ですよー。今日は寝ますけど。体調管理には気をつけましょうね。

投稿: ケンジ | 2006年6月 9日 (金) 16:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142024/10434744

この記事へのトラックバック一覧です: 自信を持つのは良いことさ:

« 毎度、ココログトラブル | トップページ | スピリチュアリズムの紹介 »