« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

戦時中の話

なにゆえそんな話になったのか?あまりに唐突だった(笑)。

仕事中、たまたま側を通りかかったじいちゃん
「まだ暑いね」
「あ、こんにちは。でもちょっとは涼しくなりましたね。」
「まあお盆を過ぎればね。」
で、なぜか
「わしは大正生まれなんじゃが、戦争の時は徴兵検査を受けてなあ、名古屋の工場で働いたんじゃ。そんでな・・・・・(どうやら戦闘機のプロペラを製造していたらしい。長いので省略)そんときも空襲を受けてな。あれは体験したもんしか分からんて。焼夷弾や爆弾が落とされるんや。B-29が落とすやろ、あれはな真上から落ちてくるんじゃなくて、斜めに飛んでくるんや。」
「うちの工場でもな、朝鮮へ徴用に行ったんよ。」
「!」
「僕、今、そういう事を調べてるんですよ。」
「おおそうかね。」
「徴用ですか?普通の募集じゃないんですか?」
「その辺は分からんな。」
「当時はそこも『日本』ですからね。徴兵も徴用も義務とされた時代ですけどね。」

「乃木神社や東郷神社へも行ったんじゃ。乃木将軍は日露戦争で息子さんを2人亡くしておられるんじゃ。最後は奥様と一緒に殉死なさった、明治天皇がお隠れになるときになあ。」

「お隠れになる」なんて日本語は人の口からは初めて聞いた。

そんな話で一旦終了したはずだったのだが、それでは話し足りなかったのか、じいちゃんすぐまた側へきて
「小泉さんは頑張ったなあ。ちゃんと靖国へ行ったもんなあ。」
「実はなあ、わしの兄貴が靖国神社におるんじゃよ。戦時中、秘密の作戦で貨物船の船倉に兵隊が入ってある島に上陸するはずやったんじゃが撃沈されてな。家族との別れも何にも無しじゃ。」
「「日本人なら靖国神社へ行くのは当たり前です!(行ってないけど)」
「首相が参拝するのは当然ですよ。!」
(この辺では逆に、僕の方がヒートアップしている。オイ!)
じいちゃん、改めて僕の顔を見た。
「わしは靖国神社のお札を持っててな、今じゃもうボロボロになってしまったが、おかげでこの歳まで生かしてもらっとる。」

「あんたみたいな理解のある人と話ができて、わしは嬉しいよ。」

じいちゃん、最後には涙目になってた。

歴史も戦争も、頑張ってもっと深く知ろうと気合いを入れたのだった。

またenjoy Korea
*********************************************************************************
英語が世界一優秀な韓国では、ナショナリズムを軍国主義と訳すの?
作成日: 2006-08-28 16:37:45  閲覧数:2507    推薦ポイント:0 / 0 
   
http://www.asahi.com/politics/update/0828/002.html
日本の朝日新聞の記事
一方で首相は、記者団が「首相の靖国参拝がナショナリズムをあおっているとは考えないか」と質問したのに対し、「全くそれはない」と強調。「あおりたがる勢力があるのは事実ですね。マスコミなども、なぜこれだけ常に靖国問題を取り上げるのか、よく考えた方がいい。よその国からあおり立てられ、また、よその国をあおり立てるような報道は戒められたらよろしいのではないか」とメディアを批判した。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/08/28/20060828000039.html
朝鮮日報の記事
この日、「靖国神社参拝は、戦犯を参拝することにより過去の軍国主義を称賛し、復活を図るものではないのか」という質問に対し、小泉首相は「絶対にそうではない」と答えた。
しかし小泉首相は「靖国参拝で軍国主義の復活を狙う人々がいることも事実だ」と付け加えた。
--------------------------------------------------------------------------------
読売、毎日も確認したが、朝日とほとんど同じ文面。「戦犯を参拝」とか「軍国主義を称賛、復活」とか「軍国主義復活」とか、歪曲が惨すぎるぞ。

それとも朝鮮日報だけ独自に小泉にインタビューしたのか?
*********************************************************************************

朝鮮では、「あった歴史よりあるべき歴史が重要」by  黒田勝弘

生で火病(ふぁびょん)を見たい方はこちら
You Tube「故東条英機首相の孫娘の由布子さんが大健闘」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

全亭協

某所から転載。
*****************************************************************************************
ほとんどの亭主はポルターガイストが起こる家に住んでいる。
   
ポルターガイスト現象をご存知だろうか。どこからともなく聞こえてくる不気味な音。部屋の中のあらゆる物が空中に浮かんでいる状況だ。
 大きな声では言えないが、私はそんな家に住んでいる。早急に徳の高いお坊さんにお祓いをお願いしなければならない。始めの頃は、枕やトースト、プラスチック製のコップなど比較的軽い物が空中を飛んでいた。最近では、イス、アイロン台、掃除機の柄など、重い物が空中を浮遊している。特に、酔って午前2時過ぎに帰ると、よりひどくなることが分かってきた。
 玄関先で呼吸を整え、静かに、静かに家に入り、リビングを通り抜ける。私の部屋まであと10歩だ。
「ちょっとあなたっ」
不気味なラップ現象が始まった。
「落ち着きたまえ、今夜は会合だ。件のお店ではない。それにあのメールは誤解です」
空中を浮遊する物を避けながら、後ずさりをするが、避けきれない。こうなれば、一番被害の少なそうな物に当って、バタッと倒れ込む以外に方法はない。熊に襲われた猟師が使う、死んだフリである。目覚まし時計が飛んできた。
「これだ!」(笑)
手の甲に思いっきり当たったが
「ウッー」
「あなた!あなた!大丈夫」
「もう死んだかも知れない、意識が遠のいていく…」
かくしてポルターガイストは収まった。全亭協会長として、不要なメールはすぐ消すようにと指導してきたが、「お寿司ごちそう様でした・天ちゃんへ」(飲み屋さんでは、なぜか天(あま)ちゃんと呼ばれている)を消し忘れ、2、3日前に発見されていたのだった。すべて愛妻の妄想であり、誤解であるが、李下に冠をたださずである。そんなこんなで今日も家に帰るのが恐い。 
*****************************************************************************************

このコラムを書かれているのは、天野周一という方である。

全国亭主関白協会全国大会(ここに上記のコラムあり)
     
で他にも探してみたら

全国亭主関白協会

そこには・・・・・・・・

Z2006010707

Z2006010706



































3原則の方は、間違って新渡戸稲造の本に入り込んでいても違和感が無さそう。

自分をもっと深く掘れ!―名著『世渡りの道』を読む
自分をもっと深く掘れ!―名著『世渡りの道』を読む新渡戸 稲造

三笠書房 2006-07
売り上げランキング : 589


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

復活・進境地

祝!ミュウさんのブログ「進境地」様、復活です。
HPの方も一部再開されています。
色々な場所を訪れて書かれるレポートはとても楽しいですよ。

1137642259404913

  




 かんぱーい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

enjoy Korea 3

よく行くサイト3カ所くらいで取り上げておられたので見てみた。

enjoy Korea というのはネタの宝庫だな。

*************************************************************************************
enjoy Korea  韓国人達は恥ずかしくないのか、<#`ω´>/   
台中市の力行国小学校少年野球チームは今月初めに韓国から招待されて試合に参加した。選手たちが頑張って難関を突破して結果ベスト8まで進出した際に、韓国側から

「優勝は韓国のチームに残す」


と理由を言われ、さらに試合を禁止され、落胆して帰国した。韓国遠征に一人あたり3万元を出させてこんな理不尽な対応にあったのだ。
(続きはこちら)

*************************************************************************************

あ、ありえん、正気か? 少年野球だぞ?

韓国側の意図を解釈すると
「かませ犬として呼んでやったのに、台湾チームは強すぎるじゃないか。これでは韓国チームは優勝できない。もういい、帰らせろ。」となる。(いやふつーに読んでもそうだね)

常識というものは時代によって変わるものだが、地域によっても違うわな。でもこういうのは常識云々じゃなくて

品性下劣

と言っていいと思うね。

こんな生命体が隣りにいる。

女子バレーチーム、無事で帰ってくるんだよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

書道展

ついに

デ キ タ  !!

今年の作品!昨日の22日に師匠に提出してきました。おそらくこの10年で一番気合いの入れ方だったでしょう。あとは表装だけ。

現在脳の一部がほとんど放心状態。

しかし今日は愛知県芸術文化センター(展覧会やるところ)の毎日書道展へ行って来ました。たまたま知人が出品されておりチケットを頂いた上、今日は仕事も余裕があったので足を延ばしました。


そこでの作品をいくつか紹介。(こういうのっていいのかなあ、と少し不安)


素敵①

200608231237000

















素敵②
200608231239000_1   















素敵③
200608231244000


































何が良いのかって、何て書いてあるのかさっぱりわからんところがいいんですよ~。


これ、個人的に気に入ったもの。各文字の左上が墨が濃く、右下がかすれて薄い。さらに上半分が下半分より濃く重い。まるで右下から光りが当たっているようです。
200608231249000


































でも、このあたりはよくわからん。
200608231242000


































ここまではよしとしよう。

でもさ

でもね

だけどさ

いくら僕がまだ未熟とはいってもよ

これはわからんなあ。

                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・
                              ・

200608231224000














































どなたか理解出来る方、教えてください。(´ヘ`;) う~ん・・・
(出品者の方、ごめんね)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年8月19日 (土)

A級戦犯の位牌を靖国から移してもダメかしら~?(笑)

アマチュア政権と揶揄される韓国。笑ってごめん。

A級戦犯分祀でも靖国参拝容認せず=韓国政府が方針確認-聯合ニュース

 【ソウル16日時事】韓国の通信社・聯合ニュースは16日、同国政府が靖国神社問題と関連して、A級戦犯が分祀(ぶんし)された場合も、日本の指導者の靖国参拝を容認できず、靖国問題の根本的な解決にはならないとする立場を内部で確認したと報じた。青瓦台(大統領官邸)高官の話として伝えた。
 同高官は、「靖国問題はA級戦犯分祀で解決できない」と述べ、その理由として戦史展示館「遊就館」など、過去の軍国主義を美化し、侵略戦争を正当化する靖国神社の歴史に変わりがないためだと話した。 

「靖国問題はA級戦犯分祀で解決できない」

すでにネット上では笑い、もとい話題沸騰中のこのネタ。大爆笑させて頂いております。

日本国内の味方であるはずの「サヨク分祀論者」様の立場を木っ端微塵にするこの発言。

戦略など無視、後先考えず感情の赴くままにはじけまくる、南北朝鮮。

「いつ行っても批判する。だったら8月15日に行っても同じ。」

と同じく、「自爆」ってこうやるんだよっていうお手本のようなもんだね。

つーわけで、靖国神社はこのままでいく、という方針決定ですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

日本人拉致の最前線基地 ザ・朝鮮総連

 横浜市役所、東京都庁、埼玉県庁に18日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の施設への課税に抗議し「職員を一匹づつ殺す」などと書かれた脅迫状が送りつけられていたことが分かった。横浜市役所には7月19日にも酷似した脅迫状が送られている。各警察本部は、脅迫容疑で捜査している。

 調べでは、脅迫状はA4判に縦書きで「脅迫状 総連施設への課税行えば 職員を一匹づつ殺す」などと印字され、茶封筒に入っていた。差出人はなく、あて先は「横浜市役所御中」など役所あてだった。都庁と埼玉県庁に送られた脅迫状は千葉県市川市内で投かんされたとみられる。横浜市役所と埼玉県庁への脅迫状には、カッターナイフの刃が同封されていた。

 横浜市の中田宏市長は7月12日、北朝鮮のミサイル発射に伴い、朝鮮総連関連の10施設に対して今年度の固定資産税と都市計画税を減免しないと発表した。同19日には「総連施設への課税に対し断固抗議する さもなければ職員を殺す」と書かれた脅迫状とカッターナイフの刃が送りつけられた。神奈川県警は、今回の脅迫状と同一犯が送付したとみて調べている。

 朝鮮総連埼玉県本部幹部は18日、「我々は減免措置に対する県内の行政の対応に不満を持っていない。課税権がない県へ送るなどあまりに茶番だ。総連へのイメージがただでさえ悪くなっている中、嫌がらせと感じる」と関与を否定した。 【野口由紀、弘田恭子】

毎日新聞 2006年8月18日 20時11分
*************************************************************************************

免税という「差別」から脱却し、平等となりましたね。
いやいや、まだガンガン免税している自治体がわんさかあるぞ。

総連へのイメージがただでさえ悪くなっている中

イメージの悪さは、その素行の悪さから来ていますからね。
あんたらのやったことは「嫌がらせ」なんて言葉では甘すぎる。

朝鮮人の性癖として、加害者のくせに被害者のフリをする、というのがあります。気をつけましょう。

おまけP040_1

10007896898_1
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

enjoy Korea 2

またまた enjoy Korea より

**************************************************************************
日本の併合でで韓国ってどんな被害を受けたの?   |  HOT! テーマトーク
   
36年間で何人戦死者が出たかとか政府が調査した正確なデータはないのか?
というかまさか調査していないのか?
韓国が被害者と言うからには当然日本人より戦死者は多いのだろうな?**************************************************************************

韓:uwakiman2 07-17 19:56
       
沢庵を食べる風習が生じた... 

  →日:tottyan 07-17 20:05    

  それは酷い・・・日本は賠償するべきだな  
                  

  →日:magumataishi 07-28 20:37    
  それ以前は、正確な戸籍がないから何人すんでいたかも判らない。まさに土人状態です。 

韓:hoo_zat 07-17 19:59         
  調査していないが自発的に日本を相手で訴訟をかけていることでアルゴイッダだけ..? 

  →日:mutibitamin 07-17 20:02    
  本当に調査していないのか!!?じゃあ君たちは正確なデータも存在しないのに自分たちを被害者だと思い込んでいるのか!?すごい民族だ・・・ 


つづきはこちらから。結構笑えます。

enjoy Korea  日本の併合でで韓国ってどんな被害を受けたの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

小泉総理大臣、靖国神社に参拝

どのサイトで読んだか忘れたが、笑った。

「日本の日本による中韓のための、靖国問題」

メディアは自分が火をつけておいて、燃え上がったら第三者気取り。

で、総理大臣が靖国神社へ参拝すると誰かがどうかなるのか?

「靖国」というネタは中、韓が日本の国論を二分できるのでいいんですねー。なんせ工作費がかからないし。

靖国神社は今日だけでも25万人以上が参拝されたそうだが、なぜ中韓はそこは批判しないのかねえ。

日本の総理は中国の主席とは選出の仕方が違うんですよ。
批判するなら、小泉支持者・参拝賛成者全員に対して批判すべきでは?コキントウさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

太田総理、歴史の共通認識なんて本気ですか?

8月15日が近づき、嫌でも「戦争」について考えてしまう。

先日また「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中」を見てしまった。

テーマは「アジア諸国共同で歴史教科書を作ります」

(出来るわけないじゃん(笑))

 この番組は政治家・評論家の1級品の論客と、何も分かっていないタレントがごちゃ混ぜで議論をするので、話が様々な方向へ行くことも多く見ていて疲れる。

 アジアの歴史とは中国・韓国に言わせれば「日本は侵略戦争を仕掛けた」、であり日本は「絶対悪」となる。日本はそんな歴史教科書を受け入れることなど絶対出来ない。(誇りも主権も捨てれば出来るが) 
  番組では金美齢さんが発言しておられた。
「歴史には光と陰がある。これは絶対にある。重要なのは光と陰のどちらが強いかということだ。」
金さんのこの意見は他の番組でも何度も耳にしている。この人は台湾の出身者で、日本の素晴らしい統治時代と、その後の中国の最悪の統治時代を知る方で歴史、政治、戦争などの問題を冷静に考え、確固たる信念を持って鋭い意見を述べられる。僕はテレビでこの人が出ると知ると大概見てる。

金美齢さん HP

ところで、
「総理はどうして靖国神社へ行くんですか?相手が嫌がることしなくてもいいじゃないですか。」
だの
「隣の国と仲良く出来ないなんておかしいですよ。」
軽薄タレントがこういうセリフを口にするのを聞くたびに僕は頭が痛くなる。しかし今回の番組ではもっと凄いのがいた。

中国人工作員(としか思えない) 張 景子  氏

「日本は侵略戦争をしたんです。それがまず歴史の土台です。」
 
ここで宮崎哲弥氏ブチ切れ

「チベットは侵略じゃないのか!!!」

張工作員曰く

「靖国は国際問題です。チベット(侵略)は国内問題です。」

ここまでシャアシャアといわれると通常の3倍頭に来る。この中国人に言わせれば、
「他人の土地を力ずくで奪うのは我々の勝手だが、おたくが自分の先祖に手を合わせることは断じて許さん。」
というわけだ。というかこれは皆中国の公式見解でもある。中国人はみーんな政府の言う通りのことしか言わない。中国人が日本のテレビで
「チベットは中国の侵略だ」
なんて言ったらもう中国へは帰ることは出来ないんじゃないかな。

だって言論の自由がありませんから。残念!(最近ギター侍を見ないぞ)

ちょっと見直したのが、鈴木紗里奈。壊れたテープレコーダーの張工作員に
「あんたの意見を言え!」
と突っ込んでた。やるじゃないか。

番組の採決はきわどく否決された。

 他に面白かったのは張工作員と、宮崎哲弥氏、金美齢氏、江川達也氏といった最も見解に相違のある顔ぶれが同じ「反対席」にいたこと。「賛成席側」は実はその中間の意見とも思えた。でも福島瑞穂社民党党首なんかは「中国様、韓国様の言うとおりにしませう」というだけのことだから話にならないけど。社民党という基地外集団がいまだ存続しえているのは在日のバックアップが大きいのだろうな。

****************************************
ポリスジャパンより
社会党のバァサン、土井たか子の本名が「李 高順」であるというのだ。あ この話は事実であり、社会党自身が認めたにもかかわらずマスコミは長くこれをかけなかった。
 この事実を世に知らしめた月刊WILL、そして花岡氏の勇気に敬礼といったところだが、土井たか子の息子が50歳を越えているがまだ北朝鮮にいるとか、筑紫哲也の名前が「朴三寿」だとか、辻本清美が「趙春花」であるとか、そういうものの検証も是非してもらいたいものだ。
****************************************

在日は日本名禁止にすればいいのにね。
第一創氏改名を強制させられたなんてほざくのなら、日本名を使うな!
メディアも犯罪者報道は「日本名」でしかやらないしな。

話が脱線したが、多国間で歴史の共通認識を持つことなど不可能だと思う。現在の「共通認識を持とう」というのは「日本を絶対悪にしてしまおう」というのと同義だと思う。

ネットウヨクのサイトでは、中国・韓国・北朝鮮を「極東3バカ国家」と呼びます。少々お上品すぎるような気もします。

相変わらず何のブログかわからんね。

You Tube   シナ人「チベット侵略は中国の国内問題だからお前ら関係ないアル」


国連常任理事国である中国の侵略の歴史
1949年   中国がウイグル侵略し占領
1950年   中国が朝鮮戦争に参戦
1951年   中国がチベットを侵略
1959年   中国がインドと国境紛争
1969年   珍宝島で中国軍がソビエト軍と衝突
1979年   中国がベトナムを武力侵略。中国が懲罰戦争と表明 
1992年   中国が領海法制定により南沙諸島と西沙諸島の領有を宣言
1995年   中国が歴史的にフィリピンが領有してきたミスチーフ環礁を占領
1996年   中国が台湾海峡でミサイル発射し台湾を恫喝
1997年   中国がフィリピンが歴史的に領有してきたスカーボロ環礁に領有権を主張。
同年     中国が日本が固有の領土として主張してきた尖閣諸島の領有を主張。
2000年    中国の軍艦が日本列島を一周。中国が尖閣諸島付近で日本の領海内の海底油田調査を敢行

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2006年8月11日 (金)

「オーラの泉」はどうなのか?

 先日、弟が僕の本棚を物色していた。
「この本貸して。」
と言うんで、「いーよ」と見てみれば

江原啓之「スピリチュアルメッセージⅠ、Ⅱ」
シルバーバーチのスピリチュアルな生き方Q&A―崇高な存在との対話

弟が最近「オーラの泉」を面白がって見ているのは知っていたが、

しかし、そのコンビネーションはどうよ!^^

江原氏よろしからず、というわけではない。んんーーーー?
少なくとも細木数子よりは100倍マシであることは言うまでもない。
でも、昌清霊とシルバーバーチではねえ・・・・・

「そちらはあまりお勧めできないな。」

一応一言だけ言ってみた。でもこういうのって
「これを読め!」
そんな風に言っても仕方が無いものだ。でも興味を持ってくれればしめたもの。
「これってどうなんだ?」
そんな事を聞いてくれれば面白い事になるんだがなあ。 

 ところで江原氏、「オーラの泉」はわりに見ている(結局見てるわけね)。しかし彼が「スピリチュアリズム」とか「シルバーバーチ」といった言葉を発した所を見たことが無いのだが、どうなのだろう?番組ではカットされているだけなのだろうか。
 見ていても結局は
「原因は前世です。」
というわけで、何でもかんでも「前世」で話が決着する。勿論全部繋がっているのだから当然なのだが、あれでは何かあれば人によっては
「きっと前世の因果なんだ。」
とマイナス方向に行ってしまう可能性があるのではないか、ということも考えてしまう。

 彼はゲストへの個別の説明は詳しくしていると思うのだが、トータル的な「システム」の話が少ないように思う(彼に見えているものが正しいという前提だが)。番組だけを見ていては、かえって複雑な迷路にはまるのではないだろうか

お習字仲間のおばちゃまにも江原氏が好きな方がいて、毎週「オーラの泉」を娘と一緒に見ているらしいのだが

「あたしも見てもらおうかしら!」
「前世は何かなあ?」

「ゾウリムシだったりしたらショックだわああああ」
                                           ・
                     ・
                     ・
                     ・
                     ・
(それは無いと思うぞ・・・多分)

そんな会話をしていたんだそうな。

テレビ見てるだけじゃあかんだろう。

スピリチュアリズムの本を読めー!

・・・・・前半で書いた事と矛盾してる、、、、、伝えるというのは難しいもんだな。

「摂理」というキーワードはほとんど禁句だしな(笑)。

20060730115420975055922300

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年8月 9日 (水)

2006 書

10/4~10/9の期間、愛知県芸術文化センターにて、書道展示会が開催されます。
興味のある方はどうぞお越し下さい。入場無料です。
現在そこへ出品する作品を作成中です。(手本を書いてもらってそれ見て必死でコピーしてるだけ)

これ、手本
Dscn0243_1
























先日、「これは上手く書けた!」と感動していたら、作者名のすぐ上の「微」を書き忘れていたことに気づきました。

めちゃくちゃへこみました。(T△T)

一晩で1枚か2枚しか集中力が持たないんですよ。

書きながら、毎度落ち込んでます。

つらいなあと思いながら、やめようとは思わないんですね。これが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »