« 面白動画 | トップページ | 「坂の上の雲」がドラマ化 »

2007年1月18日 (木)

理想の男性

理想の女性はいくらでも挙げられるが、理想の男性というものもある。

僕が小学生時代の理想の男性というのは「アルセーヌ・ルパン」である。そうルパン三世の爺様である。

怪盗ルパンと言われる。つまり泥棒さんなのだが、僕が読んだ範囲ではほとんどヒーローである。それぞれ怪盗ルパンのシリーズのわりに脇役に収まっている物も多い。そういう場合の主人公は若い青年とその恋人の女性で、大抵どちらかがキーパーソンになる。もしくは美貌の女性が主人公で、ルパンはすぐ惚れてしまう。毎度毎度性懲りもなくふぉーりんらぶなのだが、その本はその本で完結しているので、違う本を読んで「またかいな」と突っ込むのは失礼である。

結局敵はルパンより遙かに残虐な敵であったりする場合が多い。そして主人公たる男女を表からも裏からも支えて目的を達成したのち、去っていくという事が多い。(このやろう格好良すぎるぞと子供ながらに思いながら読んでいた。) なんだかんだあっても、この男は人を殺さない。血を見るのが嫌いなのである。

ルパンは基本的に泥棒なので、用意周到にして判断力決断力にも優れている。探偵顔負けの推理力を駆使してし謎を解くあたりはシャーロック・ホームズと良い勝負である。しかしルパンの魅力はそのおちゃめさだと思う。もっと言うと、いいおっさんの割にいたずら小僧のようなところがある。

こんな大人になりたいと思い続けていた。

さて読み始めたのは10歳のときである。当時はガンダム全盛で、それはそれで大好きだったし、プラモデルも随分作った。そんな中で「アルセーヌ・ルパン」である。

話があわねーあわねーまったくあわねー(笑)  結構寂しかった。

ところが、そういうオタクがすぐ近くにいた。

なんと小学校の保健室の先生が、僕のルパン好きなど比べ物にならないほどの

ルパンバカ (失礼!)

だった。それを知ってからはもう休み時間は保健室に入り浸っていた。もっとも美人だったし人気のある先生だったんで、いつも数人の子供が遊びに来ていたけど。

どの作品が好きか?

この話題はよく出ていた。小学生の拙い主張にずいぶんと長く付き合ってもらった。

かなり変な子供だった。

|

« 面白動画 | トップページ | 「坂の上の雲」がドラマ化 »

コメント

ケンジさんこんばんは、
ルパンのような大人になりたいと思っている大人も
珍しいと思います。

しかし、そんな魅力的な男性と出会ったら女は大変ですね。
怪盗ルパンのシリーズを読んだことはありませんが、
女が去っていくルパンを引き止めないのは、
迷惑を掛けたくないからに違いありません。
でもきっと感謝していると思います。

投稿: mariko | 2007年1月21日 (日) 22:13

ルパンは面白いですよ。
舞台がフランスである場合が多く、お洒落な感じを受けます。
1冊読むとどんどん読みたくなります。読めばルパンのような男に憧れるのは普通だと思うんですけどね。ま、それも人それぞれですけど。

投稿: ケンジ | 2007年1月21日 (日) 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142024/13566672

この記事へのトラックバック一覧です: 理想の男性:

« 面白動画 | トップページ | 「坂の上の雲」がドラマ化 »