« 「生と死」言いっぱなし  | トップページ | 阪神大震災と阪神大虐殺 »

2007年1月20日 (土)

中国にて

3年前に中国を旅してきた写真を載せます。
名古屋-上海-南京-上海-名古屋を2泊3日のかなり豪快なスケジュールで行ってきました。
1人で飛行機に乗り、上海で書の師匠と合流して、南京で1泊し上海へもどって師匠のマンションで1泊させてもらいました。

中山陵です。孫文のお墓です。バカバカしいほどデカイです(笑)。
P9190021 P9190019

P9190004 いい言葉が掲げられています。
「天下為公」
つまり、世の中のことは全て、人のために為すべし。ということらしいのですが、特にこの国では理想と現実が乖離してます。
P9190037 裏山は公園で、山の頂上に登れます。
でもどうやって登ったと思いますか?
P9190030 これはまだ途中です。


















P9190038 あっ、ありえね-!!!

スキー場のリフトじゃねーか!!
こういう場合はロープウェイじゃないか??

「安全」って言葉知ってる?知ってる?

ひどい所だと高低差30mぐらいありました。
びびりまくりながら乗ってました。

写真は復路ですが、終点が見えません。

P9190102_1 上海へ向かう途中で寄り道した所。
こういうのって、いかにも中国くさくて好きです。

写真は僕です。


P9200110 上海の街角。

自動車も自転車もぐちゃぐちゃです。しょっちゅう事故やってました。
自動車はパー!パー!パー!うるさいです。
クラクションの開発者もここまで利用してもらえれば本望でしょう。

P9200120 上海の風景。
量産型のマンションが並んでます。
みんな同じ。個性がないですね。


尻切れトンボですが、終わります。
気が向いたら、また違う写真を挙げます。

|

« 「生と死」言いっぱなし  | トップページ | 阪神大震災と阪神大虐殺 »

コメント

山の山頂に向かうのに、深さ30mの谷の上をスキー場のロープウェイで・・・・・・

人命を重要視する共産党政府ならでは ですね  ┐('~`;)┌ ♪

先だっての御発言を受けまして・・・

いや~~ そんなに言って頂けますと何か気恥ずかしいです。
でも私のような「嫌韓韓国人」って、今はずっと多いですよ♪
まぁ、まだまだ少数派なんでしょうけど、わたしはともかく、「心ある」半島人はそんなに少なくはないです。
それもこれも、ケンジさんのブログをはじめとした真実の声が、確実に広がっている故だと思います。

私自身、今の半島の【「上」朝鮮、「下」朝鮮、在日を含めた】現状に、とても憤りを覚える者です。
それ故、ケンジさんの忌憚の無いメッセージには、心から喝采をいつも送り続けてます。
私も「あー コレ俺にも当てはまるなー」といつも考えさせられています。

どうか、そんな御遠慮などなさらずに、どーーんどん発信し続けて下さい。
(J-o-)J サァ コイ! コノヤロー!! ってな感じで!
いつも楽しみにしております。

>P.S 帰化人さんも司馬遼太郎がお好きなんですね。(^_^)

はいそうです。私の好きな柳ジョージ&レイ二ーウッド(の歌のタイトル)がきっかけで読み始めた
「酔って候」が面白かったので、色々と読んでます。
大作が多いので、時間を作るのが大変ですが・・・

投稿: 帰化人 | 2007年1月21日 (日) 16:57

帰化人さん、こんにちは。
僕がブログで書くのは、人のネタを貰ってきて書いているものが多いのであまり大きな顔もできませんが、基本的には単純にケチをつけている場合が多いです。それに対し帰化人さん方が、韓国、韓国人及び在日の人々の常軌を逸した行動を見る場合は大変複雑な心境だろうな、と思ってしまいます。

韓国本国については自ら考え方を変えるのは相当難しいと思われますし、日本が苦言を呈しても「過去を反省しろ!」の一点張りだと思われます。在日の人々が韓国に対し
「君たちはおかしい」
と言えば少しは聞く耳を持つのではないかと思っています。

とは言え、これからもまだやります。

>私の好きな柳ジョージ&レイ二ーウッド(の歌のタイトル)

あちゃ、すいません。柳ジョージは全然知りません。でも曲のタイトルに「酔って候」というものがあるんですか?物事のきっかけというのは不思議ですね。
(僕には山内容堂という人はよく分かりません(笑))

僕もまだ全ての司馬作品を読みおえたわけではありませんが、好きなものは「龍馬が行く」「坂の上の雲」が双璧ですね。で「花神」、戦国物は地元の「国盗物語」「関ヶ原」って全部になりそうなのでやめときます。

投稿: ケンジ | 2007年1月21日 (日) 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142024/13589856

この記事へのトラックバック一覧です: 中国にて:

« 「生と死」言いっぱなし  | トップページ | 阪神大震災と阪神大虐殺 »