« 我が愛車よ | トップページ | スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 »

2007年4月18日 (水)

バージニア工科大学での事件に対する韓国の姿勢

長崎では市長が拳銃で撃たれ亡くなり、バージニア工科大学でも30人以上が亡くなるという凄惨な銃の乱射事件があった。

銃の規制というのはいつでも出てくる議論なわけだが、ABCの放送を見ていたら銃の購入には身分証明書といくつかの書類を書く程度で入手可能らしい。素人考えでは全面禁止にすればいいと思うのだが、そう簡単でもないんだろうな。

犯罪をおこす人間はいかなるルートからでも入手するだろう。銃の規制によって入手できなくなる人というのは、銃を持っていてもそれを人に向けたりしない人や、そもそも必要とさえしない人達であって、銃によって被害者になる可能性の高い人達から自分の身を守るアイテムの1つを取り上げることになりかねない。実際現場にいたアメリカ人大学生の発言には「自分たちが銃を持っていればもっと被害は少なくて済んだ。」というようなものもあった。

それに政治家への政治献金をしている団体が武器関連の団体なら政治家は規制したくても言いにくい現実もあるかもしれない。

個人が武器を持つことは国が軍隊を持つことと同じなのかもしれないが、まだ整理がついていない。

さてバージニア工科大学での銃の乱射事件は「韓国人」によるものである。これについては「だから韓国人は・・・」というのは極論だが、世界中からそういう目で見られてしまうことは致し方ない。このような事件を起こしたのがたまたま韓国籍の人間だったとも言えるので、この犯人についての情報で韓国を論じる気は無いのだけど、問題なのはこれを扱う韓国の様子がお粗末過ぎることである。

****************************************************************************************
朝鮮日報 米大学乱射:報復恐れる韓国人留学生
同大学に在籍する韓国人たちで組織する韓人学生会は17日午前に対策会議を開き、今後の対応について協議した。ある学生は電話インタビューで、「今後は韓国から来た韓国人とは言えなくなった。
誰かが尋ねれば当分は中国人か日本人と言うしかない」
と語り、韓国人に対する偏見が高まることを心配した。さらに他の学生たちも「こんな大惨事を引き起こしたのが韓国系という事実に驚いた」「今後は米国人学生の冷たい視線に苦しむだろう」「偏見のためにアジアからの留学生が不利益を受けないか心配だ」などと語った。
****************************************************************************************

>今後は韓国から来た韓国人とは言えなくなった。誰かが尋ねれば当分は中国人か日本人と言うしかない

一体どんなメンタリティをしてるんだか。(アイアム ザパニーズ だね)いつものように大声で叫ぶ「愛国心」とやらはどこへ行ってしまったんだ?もう根本から間違っているんだよな。

次はエンコリから。(一部抜粋)
****************************************************************************************
最大の衝撃を受けた人々は幼いお子さんを持った韓国人学父兄たちだ.

韓人学父兄たちはこの日学校で幼いお子さんたちが犯人のような国籍な韓国人という理由だけで弾き出されるとか差別を受けるかも知れないと憂慮した. 幸いにこの日まで特別な事故が生じたという話は聞こえなかったがこの日午後学校から帰って来たアメリカ学生たちが ‘思想最悪の校内銃撃事件の犯人が韓国人’という事実が分かるようになれば 18日からは雰囲気が変わらないか心配している. 犯人ゾグンが育ったペオペックスカウンティの韓国学父兄たちの間では教育庁にこのような事実をあらかじめ阻んでくれと言う請願をしようという話まで出ている.
(中略)
“17日ニュージャジー州教育委員選挙に韓人たちがたくさん住んでいる地域で韓人 4人が出馬したが, 今度事件の影響を受けないか憂慮される”と “全般的な韓人権益身の丈運動を伸ばした活発な動きが萎縮するはずだという心配が多い”と言った.

黄氏は “何より韓人家庭子供達が学校であらゆる悶着に巻き込まれないのかという心配が多いが, 最大の心配は心に大きい傷を受けること”とであり “こちらに住む韓人たちは今度事件が人種問題ではなく聡気法と精神疾患者の問題から始まったことなのを確かに主張しなければならない”と言った.

二世目ニューヨーク韓人会長当選者はこの日ニューヨーク市警を訪問, 今度事件で反韓国(反韓) 人種主義が登場して偶発的な事件, 事故が起ることができるという憂慮を伝えられ, 韓人たちの身近安全に対するニューヨーク警察の協助を要請した.
****************************************************************************************

「最大の衝撃」を受けたのは、いきなり殺された被害者とその家族じゃないのか?
最後にはいつものように「自分たちは被害者だ!」という論調になってるし。言っちゃ悪いけど加害者はおたくらの「同胞」だぞ。どうしてこう利己的な発想になるのかねえ。

次はもうバカ丸出し
****************************************************************************************
20070418117686987540471800





















「ダンダンダンダンダン!!!」
「一度に33人が死んだ、アメリカの銃器製造技術の素晴らしさが、また証明されました」

****************************************************************************************
完全にイカれてます。

最後。
****************************************************************************************
<米銃乱射事件>李泰植駐米韓国大使「韓国人社会32日間断食を」

  李泰植(イ・テシク)駐米韓国大使は17日、米バージニア工科大学銃撃事件の犯人が在米韓国人学生であることが明らかになったのを受け、犠牲者と遺族はもちろん米社会全体と悲しみを共にし自省するとの意味から、32日間断食を行なうことを在米韓国人社会に提案した。

  李大使は同午後8時、ワシントン地域教会協議会などの主催のもとキリスト教信者ら約800人が出席したなか行なわれた追慕の礼拝で「衝撃的な事件を契機に韓国人社会が自省、懺悔(ざんげ)し、米社会と再び融合する機会を作るべき」と強調した後、韓国人教会を中心に32日間にわたって交代の断食を行なうことを提案し、出席者らも快く応じた。
  「32日間の断食」は、銃器乱射でバージニア工科大学の教授・学生ら32人が死亡したことから、犠牲者数にあわせて断食を行なうことでめい福を祈りたい、との趣旨の模様だ。李大使は終始悲痛な表情を隠せないまま「同事件は言葉で表現しがたい」とし「われわれにできるのは犠牲者の遺族と米国全体に心から弔意を示し悲しみを共にすること」と語った。また「苦痛を理解するため大使としてその悲しみに加わりたい。韓国と韓国人をかえて遺憾と謝罪の意を示す」とした。

****************************************************************************************
他にやることがありそうなもんだが。

|

« 我が愛車よ | トップページ | スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 »

コメント

心より謹んで、今回、鮮人の鬼畜の犠牲となってしまわれた32人の御冥福をお祈りします・・・


長崎市々長殺人事件の容疑者も、地元のメディアでは当初「城尾哲弥こと白正哲容疑者」と報じていましたが、途中から急に通名のみの報道になりました・・

アメリカの銃乱射事件も、犯人が鮮人と分かった途端、論調もトーンダウンです。

この国のマスゴミは本当に掃き溜めのクズです!!
何故、鮮人にここまで気を使わねばならないんでしょうか!?

それ以上に、こんな下種のメンタリティーしか持ち合わせていない鮮人達を、この手で未来永劫地上から・・いや霊界からも葬り去ってしまいたい・・こんなに怒りに打ち震えるのは本当に久しぶりです!

返す返すも自分が「元」同胞であったことを、心底恥じます。

投稿: 帰化人 | 2007年4月18日 (水) 23:22

IP見て頂けたら分かりますが、上のコメント、私です。

「都合の悪いことは、全ーーー部他人のせい」

・・・貴様ら、みんな死んでしまえ!!!

ホントにハラワタ煮えくり返る想いです!

投稿: 帰化人 | 2007年4月18日 (水) 23:35

帰化人さん、長崎での事件についての情報ありがとうございます。ネット上ではそのような話しもありましたが、未確認情報ばかりだったので何とも書きませんでした。

そうですか、こちらも在日ですか・・・・・。

それにしても本名で報道せず通名ばかりですね。本当に呆れてしまいます。

長崎市長殺害の事件については、テロ朝が片棒担いだようですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070419-00000408-yom-soci
恐らく送られてきた書類は「犯行声明」だったものと思われます。(番組でもそう言っていますが)それをスクープとするために、意図的に市長や警察へ連絡をしなかったのではないか、と考えられます。まさにテロ朝のネーミングの面目躍如というべきです。

また、殺害の動機というのも全く不可解です。報道では車に傷が付いたとか、仕事の発注がどうのとか、金を貰えなかったとか、人を殺すほどの理由などどこにもありません。もっともその表面の裏には何があるかはわかりませんけど。

こういう事件によって、何も知らされてこなかった日本人が韓国・北朝鮮について知る事は大変意味があると思います。またそのような目的もあって僕もブログを書いているわけですが、裏返せばそれは何かの拍子に一気に在日朝鮮人の方々を白眼視する事にもなりかねません。僕は大方の日本人は人種差別の意識はかなり薄いと思っているのですが、これはどう転ぶか分かりません。矛盾しているようですが、日本人には極端な行動をしてほしくはありません。

このような事件が起きるたびに、「偶然はなく必然だ」という言葉のなんと空しく聞こえることでしょう。
できる事と言えばは亡くなられた方の冥福をお祈りするばかりです。

投稿: ケンジ | 2007年4月19日 (木) 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142024/14757833

この記事へのトラックバック一覧です: バージニア工科大学での事件に対する韓国の姿勢:

« 我が愛車よ | トップページ | スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 »