« 2007 書道展 1 | トップページ | 書道展で垣間見た人間性の発露1 »

2007年9月12日 (水)

2007 書道展2

安倍総理が辞任してしまった。なんと唐突な。なんで今なのかよくわからん。

さて、名古屋の中国領事館が最近総領事館に昇格したとのこと。

ふーん。

その総領事館の近所の中華料理店で中国人の師匠と食事をしていたところ、店員から
「中国総領事館になってから警察がずーっと警備してますよ。近所の人達は治安が良くなるって喜んでますよ。」

結構なことなんだが、その警察は一体 「誰から」「誰を」守っているんだか?

本題の書道展。今回の出品作はこの2点。

上:夜雨寄北(夜雨北に寄す) 李商隠

下:憫農(農を憫れむ) 李紳

No1































No2


























その他目についたものはこんな感じ
妙に艶っぽい。そのあとで次を見ると

No3
































ただのエロ親父
No4
































次は美味しそう

No5
































いかにも大陸的だと思うんだよね。以前にも似たようなことを書いたけど、なんか中華鍋に油ぶち込んで豪快な火でチャーハン作ってる感じ。
反対に日本独自の書は「かな」であるわけで、まさにお吸い物でダシは鰹節やら干し椎茸の戻し汁を使ってるみたいな。(←食い物の例えしかできんのかい(笑))
No6































これは筆の使い方が個性的。

No7































こんなのもいいねー。

No8_2


























以前から「美しい」とはどういうことか?というテーマを持っているんだけど、先日黄金比や白銀比の本を読んでいたら相当面白かったので色々な物を測定してみようと思っている。これはこんな「書」にも当てはまるのだろうか?素朴な疑問。

|

« 2007 書道展 1 | トップページ | 書道展で垣間見た人間性の発露1 »

コメント

コメントありがとうございます。
エロじじいの表情がいい〜♪
書ってやってみると短時間に集中して書くせいか
終わったらけっこう疲れますね。
ステキな字を書けて羨ましいです。
これからも頑張ってください。

投稿: UNO | 2007年9月13日 (木) 20:07

布袋(中国ではナゼか弥勒)さんが観音様を追いかけているエロ親父になっている・・・・笑

隷書の出展作品はこの間のものですねw
やっぱり隷書はええなぁぁ

ケンジさんって、師範なんですか?

投稿: Nanyasore | 2007年9月14日 (金) 13:57

>UNOさん

>書ってやってみると短時間に集中して書くせいか
>終わったらけっこう疲れますね。

確かに疲れますね~(笑)座って腕動かしているだけなんですけどね。半紙なら割に何枚も書けますが、大きいものは3枚も書くと緊張感が途切れてしまってだめですわ。でもその疲労感も満足出来る物ができると心地よかったりします。

ブログのギャラリーも拝見しました。凄っ!マジで感服しました。UNOさんも素敵な絵を描いていってくださいね。

投稿: ケンジ | 2007年9月14日 (金) 22:33

>Nanyasoreさん

そういえば書き忘れていましたが、展示会は日中の交流会でして、ブログの画像で観音様から下は中国人の作家のものです。

>隷書の出展作品はこの間のものですねw

そうです。書くのはともかく、軸に表装するのが高~いので涙が出そうです。

>ケンジさんって、師範なんですか?

いやあ、これが師範免許も何も持ってないんですよ。高校生まで町の書道教室でやってましたが、そこでは免許を取るまでには至らず、その後暫くブランクがありました。社会人になって今の師匠に会い書を再開しましたが、先方は中国人ですので日本での免許を与えるといった資格は持っておられません。ま、いずれは取るつもりですけどね。

投稿: ケンジ | 2007年9月14日 (金) 22:50

こんにちは。
 表装って高いですよね、ものにも依りますが普通に1万円~、金襴なんかだと4万円~ でしょうか。

 書道って家元制度みたいだから、大変ですよね。毎月課題を出したり、課題を出さないと昇段試験を受けさせてもらえないとか・・・うまく集金制度ができていたりする(笑)
 高段位になると、その差が素人にはわかりましぇん・・・ほとんどその団体への貢献度なのかと素人は考えるのであります・・・(;´Д`)

投稿: Nanyasore | 2007年9月19日 (水) 09:38

Nanyasore さん、こんにちは。

>表装って高いですよね、ものにも依りますが普通に1万円~、金襴なんかだと4万円~ でしょうか。

さすがによくご存じですねー。ホント高いんですよね。アマチュア用の表装の場合、一番安いのがメインの作品そのものだったりします。

書道に限らず、お茶やお花もそうだと思われますが、組織がピラミッド型に出来上がっているのでいろいろと大変です(笑)。(なお僕はそのピラミッド自体に入っていません。)仰る通り、その道を目指す場合は頂点にいる有力者の門下に入り、どれだけ朝貢したかで評価が決まるようです。ここまで行くと作品の質はどうでもよくなってしまいます。日展もご多分にもれず同じ状況のようです。

投稿: ケンジ | 2007年9月19日 (水) 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142024/16428648

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 書道展2:

« 2007 書道展 1 | トップページ | 書道展で垣間見た人間性の発露1 »