« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月29日 (木)

みずほです、、、、、最近影が薄いとです。w

噴いたw




「自衛隊の派遣については如何なものかと思い、・・・・・・反対です。」

「災害救助ということで言えば、まあ反対と言うより、慎重にやるべき・・・・・んfhにうpqむvf・・・・
まあ、反対でいいですよね?はい」


<インタビュー終了後>

「まあいいや。社民党、そういうところぐらい突っ張んないと!」

****************************************************************************************

この政党、なぜ未だに存在しているんだ?w
それにしてもこの「反対表明」というのは笑いのネタの提供にしか見えない。

「人権!人権! 人命なんてどうでもいい!人権が大切です!」

軍隊は破壊活動しかしない!と考えている人は凄いなあw日本の自衛隊ほど何でもかんでもやらされる軍隊は無いだろうね。で、災害救助・復旧に関しては右に出る軍隊などいないのではないかと思う。

この人達って自衛隊は憲法違反という立場だね。存在自体が許せないんだよね。阪神大震災での対応からも何も学んでないね。軍というのは「火」や「刃物」と同じで道具であり、力である。うまく使えばとても有効だが、使い方を間違えればまさに人命に関わる。それをどう管理し、コントロールするかにかかっているのであって、「危ないから無くせ」というのは管理者の怠慢を露呈しているに過ぎない。

それにしても社民党はこの状況は予想外だったのだろう。ともかく「今回の自衛隊の海外派遣は賛成」と言ってしまえば、存在すら許さないのに派遣を認めるのか?という矛盾に陥り、党是そのものを否定してしまうため、自分自身を否定することになる。

逆に動画のように「派遣には反対」と言ってしまったことで、「お前ら、人権を守れとか言いながら、人の命はどうでもいいんだな?」という話になった。

つまるところ、この人達は「地球市民!」などと叫びながらその同胞の危機を救うつもりなど全くなく、「国民の生活が一番」とか言いながら国民などどうでもよく、自分が可愛いだけなのだな。(笑)

まあこれで、日本国民からも見放され(・・・さらに・・・とっくに)、中国からも恨まれるだろう。w 中国は人権蹂躙国家の汚名を雪ぎたいし、他国の軍を入れることで開かれた中国をアピールするだろうし、自衛隊の活躍の100分の1程度の感謝はするだろうけど、社民党のこの反応をどう見ますかね?

国民からも宗主国からも見放された、かつての政権を持っていた党のなれの果て。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

忘れた頃にチャットログ5

kanji ▶ jeniに質問しようかな
kw ▶ kanjiニムよろしく
jeni ▶ え??
kanji ▶ 韓国で「日本が好き」って言ったら、周囲から何て言われますか?
jeni ▶ あ..
jeni ▶ どうしても韓国と日本は歴史的に多くの事があったから..
jeni ▶ そんなことを言えば変に見たりします.

kw ▶ 変に見られるんだ
jeni ▶ 最近にはそんな考えが薄くなっているようですね
jeni ▶ 100年位以後なら他の方向に変わっているかも ..
kanji ▶ では、家族や友人は「やめなさい」と言うわけですね?
kw ▶ ふーん
jeni ▶ そのようにまでは話さないが..
jeni ▶ お前は日本が好きなの? ちょっと変だね.. と言う位です.
kanji ▶ とりあえず、60年たったのだが・・・・・
kanji ▶ へー・・・
jeni ▶ 'とても極端的にいやだ!'と話す人もいます.
kw ▶ 半万年経っても変わってないに500ドン
kanji ▶ さらに倍!w

kw ▶ で、jeniさんは日本が好きなのかなw
kw ▶ 篠沢教授に全部
kw ▶ 井森でもいいな
kanji ▶ 賭けが成立しそうにない件w

jeni ▶ 歴史は歴史で個人は個人だから.
kw ▶ kanjiは三択の女王
kanji ▶ www
kw ▶ でjeniさんはどうなんですか?
jeni ▶ 長所もあっていやな粘度あります.
kanji ▶ と言うと?
kw ▶ 好きなの?嫌いなの?
kw ▶ kanjiニムこれは挑戦話法ニダ
jeni ▶ 中間に近いと話すことができますね
kanji ▶ おっと
kw ▶ ふーん
kw ▶ 興味ないって風にもとれますけど>中間
jeni ▶ それでは kiw様は韓国が好き?
kw ▶ えーと、正直どうでもいいので、中間ですねw
kanji ▶ www
jeni ▶ ^^
jeni ▶ kanji様は?
kanji ▶ 以前は嫌いでしたね。
jeni ▶ ところが??
kw ▶ jeniニムの期待度うp
kanji ▶ 今は
kw ▶ 今は?
kanji ▶ 関心が無くなったw
kw ▶ 中間ですねw
kanji ▶ ちょっと違うかな・・・・・うーんw
jeni ▶ いやなことに近いようですね
kw ▶ じゃあ何で皆ここにいるんだああぁぁぁ...
jeni ▶ ^^
kanji ▶ www
kanji ▶ なんか違う星の人を見てる感じでもあるw
jeni ▶ どうしてです?
kanji ▶ 自分が常識だと思っていたことが
kanji ▶ 全く常識ではないと気づかされたりするw
kw ▶ まあそれは韓国人じゃなくてもそう思うよ>kanji
jeni ▶ 私はなんでも長短所があるから,
kanji ▶ kiwニムの経験には足下にもおよばんですばいw
jeni ▶ 何に対して集中して見るのかによって
jeni ▶ それに対する気持ちも感じが違うことができると思います.

kanji ▶ お、なんかちょっと良い意見だな
kanji ▶ では歴史も見る方向を変えれば、違う真実も見えてくるって言えるよね?
jeni ▶ うん
jeni ▶ 私は日本の歴史も韓国の歴史も 100%真実のみを話していると思わないが..
kanji ▶ では「いろいろあった」歴史には良いことも悪いこともあったわけだよね?
jeni ▶ そうです.
日 ir 様が入場しました。
ir ▶ こんばんは
jeni ▶ いらっしゃいませ
kanji ▶ こんばんは
ir ▶ お邪魔します
jeni ▶ ^^
ir ▶ お話続けてくださいませ
kanji ▶ 韓国の歴史教科書持ってるんだけど、「日本は酷いことをした」としか書いてないんだよね
jeni ▶ 国を奪ったことは一番ひどいから
kw ▶ こんばんは
kw ▶ あ、持ってるんだw>kanji
kanji ▶ はいw
ir ▶ 私も読みました
kanji ▶ 「奪った」の?
ir ▶ 驚き桃の木山椒の木
kw ▶ 奪ったって....
jeni ▶ 日本に対する韓国の被害は古かったから.
jeni ▶ ところが.. 私たちがここで歴史のため争えば何か解決されることがあることか?
kw ▶ 日本に対する韓国の被害...すでに眩暈してきたw
ir ▶ 国策の被害者です。戦前の日本国民と同じ
kanji ▶ ちなみに、
jeni ▶ けんかしか .. 得ることがないと思いますね
kanji ▶ けんかしているわけではない
jeni ▶ 私は親日派も親韓派でもないから, こちらでの歴史に対する論争は
ir ▶ 喧嘩するほどの事でもないし
jeni ▶ したくないです
kanji ▶ 事実を確認してみたいだけだ
jeni ▶ 何が事実かは分からないです.
kw ▶ わかんないんだ...何で?
kanji ▶ 資料は存在しますよ
jeni ▶ 私がその時代に暮したのでもないから..
ir ▶ 確認しても、あちら側からは容認も進歩も無い
kw ▶ 何が真実かわかんない。ってならまだわかるが...
jeni ▶ 韓国は韓国に有利に使うはずで, 日本刀も同じだから..
kanji ▶ では日本を恨むのも根拠が無いことになるなw
ir ▶ 根拠無く、恨むのが仕事みたいになってるから。
jeni ▶ 戦争に対することは .. 事実ではないでしょうか?
jeni ▶ 朝鮮時代から日本がよく侵略して来たし,
kw ▶ 侵略ですかぁ
jeni ▶ 日本占領期もあったし..
ir ▶ 日本より、中国からの侵略の歴史が長いでしょう
jeni ▶ 韓国立場(入場)では侵略ですね.
kw ▶ ふーん
ir ▶ 日本は併合したけど、侵略していないし
jeni ▶ それは日本の立場(入場)だからです
ir ▶ ふーん(真似しました)
jeni ▶ 歴史は両国で勉強しない以上, 論争しかならないと思います.
ir ▶ そうですね(棒読み)
jeni ▶ 一つ事実に対して, 立場違いがあるから教科書に書くことも違うんじゃないか?
kw ▶ 日本の立場じゃなくても侵略じゃないと思いますけど...>日韓併合
ir ▶ 勉強していないのは、、、えっとぉ
jeni ▶ 韓国は.. 国が消えたから.. 打ってしますね.
ir ▶ ?
jeni ▶ 歴史話はやめようと思います.
jeni ▶ 残り方々が全部してください.
jeni ▶ それでは. これで...
韓 jeni(imjennifer.kjclub) 様が部屋から退場しました。

***************************************************************************************

言い方が悪かったか?
見方の方向を変えるというのは日本側から見るか、韓国側から見るかという単純なものではないんだがw

病院を建てられたことは被害なのか?
学校を建てられたことは被害なのか?
道路を建設されたことは被害なのか?
線路を敷設されたことは被害なのか?

日本の国防の為だけなら、軍の駐留設備があれば用は足りると思うのだが。
こういった事実は日本側から見ようが、韓国側から見ようが客観的な事実なのだから、どうしようもない。

これを被害と呼ぶなら、「自力で成長する機会を奪った」という点だな。

でも今現在においても乞食同然でなんら成長してない。

結局、「広義の意味」で朝鮮を甘やかし続けた日本の責任、ということになるんだろうか。(笑)

なお、対話の終わりがけに電話があったのでトドメを刺せずに逃しました。ラオウを仕留め損ね、野に放つことになってしまったリュウケンの無念さを思い出した瞬間でもありました。(別にどーでもいいがw)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月15日 (木)

チベット人 バイマーヤンジンさん

バイマーヤンジンさんのHPブログ




ユーモアがあっていいですね。
結婚して日本に来られたそうです。
「(日本に来て)天国に来てしまったんだとうれしかったです。チベット人はいろんな夢を見ますけど、こんな便利で、清潔で、こんな食べ物が豊富で豊かな世界というのは夢にも見たこと無いでしょう。
(中略)
私はなんでこんな良い国に嫁に来れたのでしょう?きっと私の先祖様の中にすごい徳を積んだ人がいる。その徳がまわりまわって私の身に来た。だけど
「タダでどうぞあなただけ幸せになって」というのは絶対無いのです。
きっと私に何か役割を与えられて日本に来たのかな?チベットの親に何かを送ろうと思いました。」

「日本は明治時代から教育に力を注いできたんです。」
「資源が無くても知識と技術で世界に誇れる車、電化製品を作り出したんです。」



ただし、生活が便利であることと、個人が幸せであることはまた違うんだよね。人間は新たに何かを掴もうとすればそれまで持っていた物を手離さなければならないのかもしれない。日本人は手離してはいけないものでも捨ててしまったものがあるのだろう。おそらくチベットにはそれが残っている。まあそれが何かは分からないんだけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

日本人は酷いそうな^^

良心的日本人の皆様へw

いつでも帰っていいのだよ。愛すべき祖国へw 日本人は誰一人引き止めませんからw

日本人による嫌がらせがあるとすればよろしくないことではあるが、その原因はすべてあなた方の敬愛する親玉にあるんですけど、そこに一言くらい突っ込めよw

日本人を拉致し、ミサイルを撃つ。国内では犯罪を起こしまくり、通名報道でそれらが日本人の犯罪だと思わせる。

「朝鮮人には何をしてもいいと思っている」

「日本人には何をしてもいいと思っている」人達は言う事が違いますね。w

反感を買わない方がおかしいわな。

その前に頭がおかしい。

「東北アジアの平和に繋げていければと・・・・・・」

orz、、、、、、、、どの口がそういうことを言うのかと

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年5月 1日 (木)

長野の聖火リレーの実態

先日、さくらさんから教えていただいたアリ@freetibetさんのmixi日記より転載させていただきました。

**************************************************************************************

聖火リレー、行ってきました。
まず皆さんにお願い。
この日記を転載、リンクして頂いてかまいません。
動画3つまでしか載せれないため、
動画ありと書かれたものは僕のメインページの動画にあります。

4/26日を振り返ります。

早朝、善光寺へ向かった。
Mちん、Tさん、F君、Yちゃんと5人で。

町には何台もの大型バスが乗り入れ、中国人が降りてくる。
僕らがそれぞれ旗を作り、プラカードを作り、前日からカラオケボックスで寝ていたのに対し、
彼らは中国大使館から支給された巨大な旗と、チャーターバスで堂々登場した。

善光寺参拝が終わり、街中へ。
とりあえず聖火リレー出発地点へ向かった。
ここで日本とは思えない景色を目にした。

出発地点に、中国の旗を持った人は入場できるが、チベットの旗を持った人は入れない。
警察の言い分。
「危険だから」
じゃあ、何で中国人はいいんだ?
「......ご協力お願いします。」

は?
それやらせじゃん。
中国国旗しかない沿道って、警察が作ってるんじゃん。

その時の抗議の様子

この後TBSの取材が来た。
チベットサポーターの1人が、
「日中記者交換協定があるから映せないのか?」とアナウンサーに聞いた。
アナウンサーは「は?勝手に叫んでれば?」
と吐き捨てて消えた。

街中に行くとどこに行ってもFREETIBETと叫んでいる。
そこに中国人が押し寄せ、罵声を浴びせてくる。

交差点で中国人と僕らが入り乱れた。
突然Mちゃんが顔面を殴られた。
僕は殴った中国人のババアを捕まえて、目の前の警察に言った。
「こいつ殴ったぞ!!」
警察は何もしなかった。

ババアが俺の手を噛んだ。手から血が出た。
警察と目が合った。
警察は何もしなかった。

ババアが僕の顔面を殴ってきた。
周りのチベットーサポーターが、
「おい、警察、現行犯だろ、捕まえろよ!!!!」
と言ったのに、
警察は何もしなかった。

これが抗議活動中じゃなかったら、普通にブチ切れて乱闘になってる。
でも非暴力を貫く為、ひたすら耐えた。

Mちゃんが1日かけて一生懸命書いたプラカードを、
中国人が叩き落とした。
拾おうとするMちゃん。踏みつける中国人。
「おい、てめー何やってんだよ!」と制止に入った。
2mくらいの距離に警察がいたが、何もしなかった。

街中いたるところで抗議合戦。
救急車が来たり大騒ぎ。
僕らはひたすら抗議活動をした。
(動画あり)

雨が降ってきた。
それでも誰も抗議を辞めなかった。
中国人がかたまってる交差点を、
Tさんと旗を振りながら渡った。
沿道の中国人は蹴りを入れてくる。
とても沿道に入れず、車道を歩いていた。
警察が来て言った。
「早く沿道に入りなさい!!」
は?今入ったらボコられるじゃん。
なんで日本人の安全を守ってくれないの?

「じゃあ、あいつらに蹴りいれるの辞めさせろよ!!」と僕は叫んだ。
警察は「ご協力お願いします」と言った。

雨の中、聖火リレーのゴール地点へ向かった。
何故か中国人とチベットサポーターに分けられた。
警察は、「後で聖火の方に誘導するから。」と言った。
嘘だった。
ゴールの公園の外の何も無いスペースにチベットサポーターは閉じ込められた。
聖火なんか、どこにもなかった。
目の前には警察が何十人も取り囲んでいた。
こんな場所じゃ、声すら届かない。
数百人のチベットサポーターは、泣きながら警察に向かって叫ぶだけだった。
国境無き記者団もこちら側に来させられていた。
代表がマスコミのインタビューに答えていた。
(裏から撮影した動画あり)

聖火リレーがいつ終わったのかも分からないまま、
土砂降りの中僕らは叫び続けた。
この声を、伝えることすら出来ないのかと思ったら涙が溢れてきた。
MちゃんもF君も泣いていた。
こんなのってあんまりだ。
せめて伝えて欲しいだけなのに。

この叫びを聞いていたのは目の前に並んだ警察だけだった。

チベット人の代表が弾圧の現状を訴えた。
涙が止まらなかった。
内モンゴルの代表が弾圧の現状を訴えた。
涙がとまらなかった。

伝えたい。
ただ伝えたいだけなのに、国家権力によって封殺された。
悔しい。悔しい。

日本は最低な国だ。
平和だ、人権だと騒ぐ割には、
中国の圧力に負けて平気でこういう事をする。
警察を使って。

帰りに携帯でニュースを見た。
「聖火リレーは無事終了。沿道は大歓迎ムード。」
「聖火リレーで日本人5人逮捕。中国人留学生に怪我。」

僕は愕然とした。
この国のマスコミは終わったと感じた。

あの怒号は、
僕らが受けた痛みは、
彼らの悲痛な叫びは、
どこに反映されたのだろう。

警察によって意図的に中国人のみの沿道を作り、
そこをマスコミは撮影し、
中国人の暴力を黙認して、日本人を逮捕する。
これが日本のやることか?
ここは本当に日本なのか?
中国の旗を持たないと歩けない沿道って何なんだ?

この国は最低な国です。
チベット人は泣きながらありがとうと言っていたけれど、
僕は彼らに謝りたかった。
初めて日本人であることを恥じた。

帰り道、僕らは泣いた。

これが真実です。
僕は日本政府は中国以下だと思った。
弾圧にNOを言えずに、言いなりになって彼らの叫びを封殺したこの国は、もう民主主義国家ではない。

4/26日長野。
そこには言論の自由はなかった。
歩行の自由すらなかった。
中国人を除いて。

追記:どなた様も、転載の許可必要ありません。
報告だけしていただけると、反応が見れて嬉しいのでお願いします。
動画が消えたりするるみたいですが、また報告していただけたら何度でも載せなおします。
マスコミの嘘つき。大嫌い。
FREE TIBET!!


**************************************************************************************

日記の内容とはずれるのだが。

日本人の政治への意識は低すぎると思う。政治を意識するのは右や左に偏ることではない。主権は国民1人1人にあるのだから本来意識しないほうがおかしいのである。選挙に行かず、いかにも自分は中庸を気取っているやつらというのは果たしてどうなのか?選挙に行かずに増税に文句を言う資格は無い。選挙に行かずに政治家の腐敗を糾弾する資格は無い。選挙に行かずに国民の権利を主張する資格は無い。個人の1票はたかが知れている。投票してもしなくても大勢は変わらない。そんなことは分かっている。

しかしそれでも、1票を投じることで自分は政治家に飼われている家畜ではなく、自分が政治家を選び間接的に政治に関わっている、という矜持を持つのである。

愚かな政府やくだらない政治家を愚痴るのではなく、国民が真実を見極めて投票することで売国奴どもを駆除しようではないか!!

そのためには自分の意見を持たねばならない。

そのためには真実を知らねばならない。

それは自分で調べるしかない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »