« 日中展2008(その1) | トップページ | 年忘れ チャットログ 1 「日本人は英語ができないニダ」 »

2008年11月 9日 (日)

田母神論文は「事件」らしいw

 田母神航空幕僚長の論文で湧いた今週であった。w
  近代の歴史に興味の無い方も一度読まれてはいかがだろうか。10分か15分もあれば読むことができる。
田母神論文pdf版
 「歴史は詳しく知らないけれど、きっと日本は悪いことをしてきたんだ」という人々にとってはなかなか衝撃的ではないかと思う。

 論文の内容についてはそれほど目新しいことはないのだが、「そういう見方もある」という意見を世間に堂々と公開してしまったことで当然議論されることになる。まことに結構なことだ。

 で、のっけから癇癪を起こしているのが朝日新聞である。

********************************************************************************
空幕長更迭―ぞっとする自衛官の暴走(朝日新聞)
 こんなゆがんだ考えの持ち主が、こともあろうに自衛隊組織のトップにいたとは。驚き、あきれ、そして心胆が寒くなるような事件である。
********************************************************************************

いかにも朝日らしい「ウリの考え方しか許さないニダ」的で、これでもかとこき下ろしている。【悪いことばかりしてきた日本が、実はこんな良いこともしてきたのだ】ということが事実であれば、それを喜んでもよさそうなものである。とにかく日本は【悪】でなければ許さない朝日新聞には、驚き、あきれ、そして心胆が寒くなるような思いである。田母神氏の言うように、まさに北朝鮮的である。まったくどこの国の新聞なのだろうか?

そしてまた今日も朝日が吠えている。

********************************************************************************
自衛隊―隊員教育の総点検を急げ(朝日新聞)

過去の反省に立ち、全く新しい組織として生まれ変わったという自衛官の意識と実績が、それを支えてきたのだ。今回の空幕長論文の事件は、そうした努力と国民の信頼を大きく揺さぶっている。
********************************************************************************
全自衛官に対して、朝日新聞は何を反省しろと言っているのだろうか?反省すべき点一つ一つに焦点を当てず、まず日本が悪いという結論から出発するのではなく、客観的なデータ・資料を基にした事実を教育してこそまともな歴史認識が生まれるというものである。

>歴史認識などバランスのとれた教養と正確な知識、(中略)組織の外と触れ合い、平衡感覚を磨くことも大切だ。

いわゆる、「お前が言うなw」である。

次に朝鮮日報である。
********************************************************************************
空幕長更迭で日本国内に広がる波紋(朝鮮日報)
韓国に対する植民地支配など、過去のアジア侵略を正当化する論文を書いて更迭された航空自衛隊の田母神俊雄前航空幕僚長(写真)の事件が、日本国内でも大きな波紋を巻き起こしている。野党はこの件を政治問題とする態勢を取り、与党内部からも懸念の声が上がっている。報道機関も社説などを通じ、田母神前空幕長を猛烈に批判している。
(中略)
日本社会のこうした反応は、論文内容そのものがあまりにでたらめなせいでもあるが、韓日、日中関係に及ぼす悪影響を考慮したためともみられる。
********************************************************************************
正論を言ってしまったから各方面が慌てているのだよ。w

>論文内容そのものがあまりにでたらめなせいでもあるが

懸賞論文である以上詳細なデータを記載するのは難しいが、是非ともでたらめである部分を指摘し正確な内容を掲載していただきたいものである。

さて、アメリカでは民主党が政権を取ることになった。我が国の「自由の無い方」の民主党が田母神氏に対して国会招致を求めているようであるが、もしも現実に国会に立つことになったならば、堂々と持論を展開していただきたい。国民は政府見解と同じ見解を持たなければならないという決まりは無いのである。それがたまたま自衛官であったわけで話がややこしくなっているのだが、

祝!退官

尾崎 秀実は今でもいそうだな。
Soushitodokede_2 

|

« 日中展2008(その1) | トップページ | 年忘れ チャットログ 1 「日本人は英語ができないニダ」 »

コメント

ご無沙汰でーす。
この論文の原本探してたのでラッキーでした。

小学校・中学校では、今の社会問題に直結する明治から昭和に掛けては三学期の終りで駆け足なんですよね。
当時の西洋列国の植民地支配上等な世界情勢を踏まえて、ハルノートを突きつけられた時点で日本はどうすれば良かったか、なんていうのを中学生にでも考えさせれば実のある授業になるだろうに、って思います。

書いてある事実の部分は事実の部分として、「わが国が侵略国家だったというのはまさに濡れ衣」という主観の部分は同意しかねます。侵略はしてるからなぁ。
良い統治が出来ていたか、というのはその国の方たちが判断する事だと思いますし。
金美齢女史がおっしゃるとおり、物事には光と影があってそれを認識するのが大切かと思います。

朝日新聞の主張はいつものアレですなぁ。
日本が朝日新聞の押し付ける思想で染まった時には中国の属国になってそうw

投稿: Piezo | 2008年11月11日 (火) 13:11

お久しぶりです。^^

>小学校・中学校では、今の社会問題に直結する明治から昭和に掛けては三学期の終りで駆け足なんです
>よね。

学校での近代史教育は反政府革命戦士養成か、まともな教師の場合であればさらっと済ましてしまいますから、どちらに転んでも詳しく正確に知ることは出来ませんね。(さらに受験勉強もしなくちゃならないし)

>当時の西洋列国の植民地支配上等な世界情勢を踏まえて、ハルノートを突きつけられた時点で日本はどうすれば良かったか、なんていうのを中学生にでも考えさせれば実のある授業になるだろうに、って思います。

あはははは、そうですね。当時の条件・状況を正確に知らしめた上で、「君達ならどうする?」というのは興味深いですね。

「侵略」については、日本が侵略国家なら欧米列強は日本など比べ者にならないほどの侵略国家でしょう。それが日本を正当化する理由にはなりませんけど。

>金美齢女史がおっしゃるとおり、物事には光と影があってそれを認識するのが大切かと思います。

だからこそ詳しく教育してほしいものです。

>日本が朝日新聞の押し付ける思想で染まった時には中国の属国になってそうw

まったくシャレになってませんよ。w

しかし、「あの朝日」がそう言っているんだから・・・というイメージで何となく朝日に乗せられている人って結構いるんじゃないかと思います。(と言っても朝日以外のメディアも大方批判的ではありますが。)今回の件で、少しでも自分で調べてみようという人が増えれば良いことではないかと思います。

投稿: ケンジ | 2008年11月12日 (水) 20:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142024/43054510

この記事へのトラックバック一覧です: 田母神論文は「事件」らしいw:

« 日中展2008(その1) | トップページ | 年忘れ チャットログ 1 「日本人は英語ができないニダ」 »