2007年3月17日 (土)

一流は一流を知る

イチローが「そのヒット」を放った時、自軍マリナーズのベンチはもとより、対戦相手のヤンキースのベンチからもどよめきが起こったという。

先日武田鉄也氏のラジオ番組で凄いインパクトを受けたので書いてみる。

今のイチローを見る側からすれば、「イチローが試合に出る」事と「イチローがヒットを打つ」事はほとんど同じ事とさえ思える。(メジャーの試合はレギュラーシーズンで162試合であり、イチローは毎年200本以上ヒットを打っているので、平均すればそういうことになる。)スーパースターが勢揃いするメジャーリーグでこんな成績を叩き出せるイチローはとんでもない選手であることは改めて言うまでもない。

これはそのイチローがいかに凄い選手であるかを示す一例である。

イチローは打席でピッチャーと相対した。
(初球であったか、何球かやりとりがあったのかはわからない。)
イチローはストレートを待っていた。
そして次はストレートが来ると読んでいた。

読みは当たっていた。
ピッチャーはストレートを投げるつもりだった。
そして投げた。
しかし、ボールが手を離れる寸前ピッチャーは気づいた。
「イチローはストレートを待っている!」
信じられないが、なんとその瞬間ピッチャーはボールに指をかけてストレートをカーブに切り替えた。

イチローの読みはその直前まで当たっていた。
そのため「ストレート打ち」のためのバッティングモーションに入って既に始動している。
この時点でピッチャーの読み勝ち、のはずだった。
しかしイチローは見えていた。
「今カーブに変えた!」
それを察知した瞬間、イチローはバッティングモーションをストップさせた。
そしてそこから仕切直してカーブ打ちに変更した。
イチローはその球をヒットにしてしまった。

というのである。

すっげー

といえば勿論凄いのだがもっと凄いのは、そのピッチャーとバッターの対戦を見ている両軍のメジャーリーガーどもが「その一部始終」を理解しているというところである。彼らはピッチャーの球種変更も、イチローのバッティングモーションの修正も見えているからこそそのハイレベルな攻防に驚嘆したのである。テレビで見ているファンはおろか、観客席にいる人間にも分かろうはずがない。

プロにしか見えない世界である。

武田鉄也氏の話は本当におもしろい。

武田鉄也 今朝の三枚おろし(一週間分まとめて聞けます。一回10分に満たないですから)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月29日 (土)

「オシムの言葉」を読んで

 オシム監督の言葉は「オシム語録」としてジェフのHPにあるので別にそれを書くつもりもないのだが、彼の通訳の間瀬氏の目線の内容が興味深い。

少し引用
>僕が通訳の立場で見ていて思うんですけど、あの監督の言ったことを素直に聞いて実行
>しようとしている選手は、絶対試合に出ていっていますよ。監督はかなり厳しいことを
>言うわけですが、でも、そこで素直に聞けるかどうか。
> で、逆に自惚れていたり、監督の言ったことに逆切れしたりしている人間は、どんどん
>試合に出なくなりますよ。それは、監督が意識してそういうふうに使わないとかじゃ
>なくて絶対そういうプレーになっていくんです。

もちろんその指導者の指導力が間違い無いという前提があっての話だけど。 
ただ悪い意味で自分でも納得してしまう。

> 監督が選手のモチベーションを上げようとしている時に、僕が言葉だけを訳しても、
>結果的にモチベーションが上がらないと成功とは言えないわけですよ。
> 試合中は監督のテンションが上がっているときもあれば、敢えて抑制している時も
>ありますね。それは結局、メリハリ、強弱なんですよ。だから訳して話す時も監督の強弱
>通り、そのままやろうとしています。

これはトルシエ監督の通訳だったダバディ氏も同じだった。

ついでにジェフの阿部勇樹選手の言葉

>試合中に監督の指示が直接聞こえるんですよ。
>(中略)
>さかんに僕の名前を呼んで、右手の手刀で左手を叩いて、マークにつけ、もっと付けっていう、
>こういう指示で。
> セルビア・モンテネグロ語だし、みんな聞こえてないと思うのに(笑)、なんで俺・・・・・・
>走っていても、遠くにいても監督の声や意味が届くんです。分かるんです。

言葉で意志を伝えるのだけど、言葉が全てを伝えているわけでは無いんだろうな。

 スピリチュアリズムを受け入れた人なら、生命の本質が霊だということは敢えて言うまでもない。ところが肉体を持たなくてはこの世では活動が出来ない。プロのスポーツ選手というのはこの肉体の1級品を賦与された霊ということである。そういう選手が肉体の限界まで挑戦したらどういうことになるのだろうか、とか考えてしまう。
  頭の良い人が画期的な発明をし、人々の役に立つ物を作り出すのは素晴らしい。またスポーツ選手がファインプレーで観客を魅了するのもまた素晴らしい。

 僕はジーコが監督としてどうであったかはよく分からない。しかし初期の鹿島アントラーズを作り上げたのは紛れもなく彼だし、今ではリーグ優勝をしなくても「アントラーズ」はJリーグのブランドとなっている。Jリーグで実績を残した監督としては今のオシムとスタートラインは同じだったかなとも思う。(それ以前の実績はケタ違いだが)
 ジーコにはジーコのサッカー哲学は当然あるわけで、日本サッカー協会はそういうことも含めてジーコに一任したわけだ。しかしW杯は惨敗した。責任の半分はサッカー協会にもあるはず。それを「次はオシムだ。わっしょい」で目先を変えさせられているが、果たして今後どうなるのだろうか。
 ただし、オシムに期待できると思うのは
「小柄な日本人が大柄な欧米人と同じプレーをしていてはダメだ。相手がその大柄な体をもてあますようなプレーをすべきだ。日本人は日本人にあったスタイルがある。」
たしかそんなことをテレビで言っていた。

 数学者になるか、プロのサッカープレーヤーになるかで悩んだというオシム。
「サッカーって因数分解みたいなものじゃないですか。」
そう言った中田。

「走るサッカー」を標榜するオシム。W杯では「選手が走っていない」と言い続けた中田。妙に符合するのだが、オシムが作る日本代表には中田はもういないんだな。

ジーコの言った「自由」。自由というのは多すぎても少なすぎても不自由するもんだなと思う。

(構成も何もない。乱文だなあ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

サッカーだけど女子サッカー

 サッカーの話。女子サッカーの北朝鮮選手が判定を不服としてかんしゃくをおこした。

試合終了後、身の危険を察知した審判は側近に守られながらからくも落ち延びるが、

「この間の遺恨覚えたか!」

とばかりに、後を追ってきた北野内匠頭(きたのたくみのかみ)こと北朝鮮GKがケリ1撃。しかし

「殿中でござる!」

という周囲の妨害により本懐をとげることは出来なかった。        あわれよのう。

御法度を破った咎により、北朝鮮チームは主力三人が次の試合には出場停止となった。

彼女らの次の試合相手はなんと、日本。

北朝鮮(南も)というのは自爆が好きだね。これはもう

「民族性」

としか言えない。昨年の男子チームもそうだし、古い所ではソウルオリンピックでのボクシングの試合では負けた韓国選手側のトレーナーが審判に襲いかかる暴挙に出たり、その上会場の照明を全部落としてしまったりしている。

自分が気に入らないと、すぐにキレる。すぐに殴る。すぐにミサイル飛ばす。

ぜーんぶ同じ。一番楽しかったエピソードはこれね

さあ女子サッカーは日本代表が北朝鮮をぶっとばせ!

なでしこ11士とでも言うべきか。

(んーーー立場が逆転してるか)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年7月26日 (水)

オシムの言葉-フィールドの向こうに人生が見える

 サッカー日本代表監督にオシム氏が就任した。

 ニュースなどでジェフを立て直した監督という事ぐらいしか知らなかったので、「オシムの言葉」という本を読んでみた。

  何だ、90年イタリアW杯でストイコビッチらユーゴスラビア代表をベスト8まで導いた監督ではないか!知らなかったー、恥ずかしいー(ユーゴVSスペイン戦のビデオまで持っているというのにねえ)

 この本の著者は木村元彦氏というノンフィックションライター。著作は他にも
「誇り-ドラガン・ストイコビッチの軌跡」
「悪者見参-ユーゴスラビアサッカー戦記」
などがありこれらも読みました。名古屋グランパスのファンだし、なによりストイコビッチは凄かったしね!!(どうでもいいが、この著者ホントにユーゴスラビアが好きな人だな。)

 本では当然ユーゴスラビアの分裂についての話が多い。勿論サッカー論についても多い。

 そんな中で面白かったのが「オシム語録」と呼ばれるほどナイスなトークを量産するオシム監督。そしてその言葉を通訳する間瀬秀一氏の話だ。
 彼は元はプロサッカー選手だが、Jリーガーではなく、アメリカ、中米、南米、欧州などを渡り歩いた苦労人である。クロアチアでのプロ経験もある。Jリーグでは旧ユーゴの選手が多いということで、クロアチア語を勉強して日本で通訳をしようとザグレブ大学へ入学したそうである。
 オシムの通訳が決定したと大学の教授に報告すると、大騒ぎになったというから向こうでいえば長島監督みたいな感じかもしれない。

本当は書きたいことはここからなのだが、少々お疲れなので

またあしたー(なんの保証もないけど)

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える
オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える 木村 元彦

おすすめ平均
stars無様な試合は出来なくなった
stars日本サッカー再生が見えた。
stars4年間の眠りを目覚めさせた一冊
starsサッカー人としても人間的にも尊敬できる
starsオシムのサッカーと生き様

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡
誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡 木村 元彦

おすすめ平均
starsファン必読だが、ちょっと甘い
starsぜひ読んで欲しい
starsビフォア・ザ・レイン
starsただのファンです。
stars全編トップギアで読み終えた。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
悪者見参―ユーゴスラビアサッカー戦記
悪者見参―ユーゴスラビアサッカー戦記 木村 元彦

おすすめ平均
stars騙されているのは我々自身だ
starsユーゴ崩壊がもたらした民族の悲劇
stars『誇り』『悪者見参』『オシムの言葉』の三部作はまりにも貴重
stars妖精と旅すれば
stars泣けます。涙止まらない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

頑張れ!日本!SAMURAI BLUE!

 今日負けたら予選リーグ敗退はまず決まりですね。

 W-cup 山場です。オーストラリア戦は最後の10分でひっくり返されましたが、
「せめて引き分けで・・・」
と思わずにはいられません。今更言っても仕方がないので、今日は何としても勝たねばなりません。引き分けでは予選突破は無理でしょう。

頑張れ!日本!

おまけというか、メインというべきか、特定アジアニュース様にコメントされた方のものをいただきました。

****************************************
★参加国中、唯一キャンプ地をドイツに確保できなかった韓国

韓国のキャンプ地をドイツの各都市が嫌がって韓国のキャンプ地誘致にどこも名乗りを上げなかった。
結局、キャンプ地が決まらなかった。
親善試合をしたくても、参加国は韓国とはしたくない。前大会でフランスのジダンが怪我させられたから。 欧州各国は前大会の行いを見てるから、 親善試合は受けてくれない。

★キャンプは断固拒否され★宿泊のみ、ようやくケルンが渋々呑んだ。★

★宿泊=ケルン(★ドイツ★)
★キャンプ=グラスゴー(★イギリス・スコットランド★) という
参加国中唯一の奇妙な形態をとる形となった。

だいたい韓国代表チームのドイツ国内の拠点に立候補した都市がゼロ。
韓国側から申し込んでもすべて拒否。
FIFAに泣きついてやっと決まったが、大会開催中の宿泊のみでキャンプはドイツ国外。w
親善試合も相手がいない。直前の対戦相手も難航。ユニ交換も拒否。w

5/23 セネガル戦@ソウル
5/26 ボスニア戦@ソウル(中二日)
5/27 スコットランドのグラスゴー合宿へ……グラスゴー?
5/28 グラスゴー合宿
5/31 オスロへ移動……オスロ?
6/01 ノルウェー戦@オスロ(2回の移動を含めて中五日)
6/02 グラスゴーに舞い戻る。
6/04 ガーナ戦@エジンバラ(移動を含めて中二日)
6/06 ようやくケルン合宿所に入る(この間、移動だけで4回)<イマココ
6/13 W杯本戦トーゴ戦

「なんでスコットランドで合宿してるのにスコットランド代表と戦わないの」っていうのは禁句。
「なんで本戦に出ないノルウェーをスコットランドに呼ばないの」っていうのも禁句。
「なんでスイスやフランスと当たるのに西欧との対戦が異様に少ないの」っていうのも禁句。
「ドイツ国内のスタジアムで試合するのがぶっつけ本番で大丈夫なの」っていうのも禁句。

Posted by こんなのありましたw at 2006年06月08日 12:02
****************************************

前回の2002W-cupで日本と共にホスト国であった韓国ですが、韓国の一般常識は世界には通用しませんでした。

原因と結果の法則は厳然と存在するようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

サッカー、五輪

 まさかあそこから追いつくとは・・・。

サッカー日本代表の国際試合ボスニアヘルツェゴビナ戦、ロスタイムに中村のクロスから中田のダイビングヘッド・・・

ゴーーーーーーーーール!!!!!

ホンマかいな??

ジーコジャパンはどうにも劇的なゲームが多いような気がする。(心臓に悪い)

まあ今回の一連のゲームは親善試合なので首脳陣は試合結果そのものより、Wcupに向けてこの選手はどうか?というテストの意味合いが強いはず。しかしそうなれば選手は結果を出さねばならない。

自分が活躍してチームを勝利に導く。

だな。

 さて本大会に選ばれるのは誰だろうか?選ばれるのは23人であるが、基本的にGK3人とその他のフィールドプレーヤーの各ポジションに2人ずつという事になる。
 勝手に推測してみる。

GK:川口、楢崎はまず当確か?あと1人はわからん。
DF:宮本、中沢、加地、村井、サントス、田中、坪井、あとは?
MF:中田、中村、小笠原、小野、福西は決まりと見る。稲本、松井、遠藤、中田(浩)はさて?
FW:久保、大黒、柳沢、高原か。巻、好きなんだけどな。

サバイバルレースはまだ続く。

 トリノオリンピックが終わった。フィギアスケートの荒川選手の演技は素晴らしかった。

金メダル、おめでとうございます!!

日の丸をはおってのウイニングラン・・・・・しかしNHKでは放映されなかったようである。生で見ていなかったので断言は出来ないが、ネットで調べてもどうやら本当らしい。さすがは我らがNHKだ。

 五輪期間中にニュースでもやっていたが、フリースタイルスキーモーグルで銅メダルを取ったアメリカ人ドーソン選手、彼は韓国からの養子で実の両親を捜していたそうだ。韓国は世界1の養子輸出大国であるらしい。言い換えれば捨て子大国だ。ドーソン選手には韓国から「自分が家族だ。」とか「親を知っている。」といった内容のメールが200通以上来たそうだ。ところがそのうち誰一人DNA検査に応じなかったというからあきれる。本を読んだところ韓国では離婚の際、子供の親権は取り合うものではなく押し付けあうものだという。(からのみの情報であり確認はしていないし、全員がそうだとも思わないが)

中央日報

最低だな。

またこんなネタで締めくくってしまった。 自己嫌悪    _| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)