2006年12月16日 (土)

産経VS朝日の本

今日のmumurさんのエントリーはこの1年で最長でしょう。
もう最高だった。この本買わずに年は越せんな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

ニートのデモ

だめだ。笑わせすぎだ。涙出てきた。

You Tube  WE ARE THE THREE (ONLY!)
とりかごさんからもらいました。)

ニートがデモ行進。

「いつまで休んでるんだ。ちゃんとデモしろよ。」
「やる気あんのか、デモなんだぞ、デモ」

↑これ、警察官の発言

警察官に同情する~。
あ、アホか~
税金の無駄~。

警察はこんなの相手にしてないで、朝鮮総連と徹底的に向きあえー!!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年10月 1日 (日)

なんと1年

気が付けばブログを始めて1周年になります。
ご訪問くださいました皆様、本当にありがとうございます。

相変わらず何のブログかわからない内容ばかりです。
(タイトルからしてネタみたいなもんなんで)

「スピリチュアリズム」と謳っていながらその内容は少なく、特に最近知ったばかりの方が検索して来られた時には「何これ?」と、さぞかしがっかりされているだろうと常々思っていました。

霊的真理に出会って感動したら、その後はそれをさらに深く理解したいと思うでしょうし、それを誰かに伝えようとも思うでしょう。

しかし、自分としては「霊訓」読んである程度の知識を得たら、それをベースに何かをしなければただの引きこもりと同じだと思います。では何をすべきか?それは当人が考える事で人に聞くことでもなく、他人がお節介を焼くことでもないでしょう。

シルバーバーチははじめにこちらへ来たときの世の中は「お先真っ暗の状態だった」と言いました。「このまま行けばとんでもないことになる。」とも言っていました。しかし具体的に
「こうしなさい」
とは言っていないはずです。

それは人間が自分たちで考えて解決しなければならないからだと思います。人間の社会は人間の責任で改善されていくべきであって、何か超常的な力によって急激な修正がなされるべきではないでしょう。

「で、 右翼 ネット右翼の片棒担ぐのか?」
と言われればそれはそれで構わん。
(でも街宣車に乗る気もないし、学生服着るのもお断り、だいたい連むのが嫌い)
何も考えていなかった昔は
「政治家なんぞ私腹をこやしているだけだ。」
「日本はこれまで酷いことばかりしてきた。」
「日本人なんて最低。」
そんなふうにしか考えていませんでした。

でも違う、と思うようになりました。特に「人権、人権」と叫ぶ輩ほど、実はその人権を踏みにじっているんだと気が付きました。

別に人に対して「自分が正しい」と主張する気は全くありませんが、「ネット右翼」(などとサヨクからレッテルを貼られている)の方々の意見には大変共感できる部分が多いのです。社会やメディアが隠す不正を正そうとする人々がたくさんいます。ゆえに自分のブログの記事もそういう方向に行きます。

従ってブログの内容のみ見れば「スピリチュアリズム」からはだんだん離れていっているように見えるかもしれません。そのあたりがもどかしいのですが、基盤はきちんとそちらに置いているつもりです。

今後も霊訓を読んだ方がこちらへお越しになった際には、期待外れの思いをされる方もいらっしゃると思います。でも方向性は変わらないと思います。
今お読み下さっている皆様、ご訪問本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
                                 ・
                                 ・
                                 ・
                                 ・
                                 ・
で、今日はトンカツ食べました。すいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

アンパンマンのエキス テレビ放送

本日 関西テレビ放送の「ニュースアンカー」(16:55~)にて

「アンパンマンのエキス 「ありがとう!」っていっぱい言わせて」

が10分ほどの時間で放送されるそうです。僕の住んでいる地域では見られず残念です。8月には広島で放送されたそうです。

なお「何のこっちゃ?」という方は、ブログ内のこちらからどうぞ。

(「アンパンマンのエキス」でググったらトップは当然ご本人のブログでしたが、同じ1ページ目でこのブログが入っていたのにはたまげました。皆様、ご贔屓にしていただきまして誠にありがとうございます。)

この時間、すでに放送終了との話しも・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

2ちゃんねるより

面白い書き込みがあったので紹介します。

>638 名前: 日出づる処の名無し [sage] 投稿日: 2006/02/04(土) 23:10:40

>ブロードキャスターで今やってたが、ど根性大根が枯れそうになって、
>高野山が蘇生祈願のお経を読む一方で、クローン作成に着手したそうな。
>宗教と最先端科学が大根を救おうとするとは、日本ってほんと神秘の国だなw

笑ったけど、僕も笑えない前科がありますんでねえ。
平和っていえば平和なことで。



>308 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2005/12/16(金) 15:46:55

>先日、自動車買いました。
>レクサスGS350。
>アメリカ生まれの日本車ブランドです。

>そのレクサス。
>先日、とある雑誌にこんな事が書いてありました。

>トヨタの品質改善は、近年世界中の自動車メーカーのベンチマークになっており
>【カイゼン】と言う言葉がそのまま欧米の自動車業界で通じる程だという。
>欧米のメーカー各社はこぞってトヨタ方式の生産方法を導入。
>事実、その甲斐あってか昔は【雨降ったら止まる】【2~3ヶ所いっぺんに壊れる】
>なんて言われてた様な外車メーカーまで、目立った故障が無くなったほど。

>そして、当のトヨタは
>『ここで一つ原点に回帰し“絶対に真似できないほど”高品質な自動車を造る』
>ことを目標に生産の品質目標を一気に高め、新基準を今年から日本に導入するレクサスに適用。
>たとえば、今まで混入してもOKなホコリの大きさが1㎜以下だったものを、1ナノメートル以下に。
>ボディの継ぎ目をチェックするのは、手袋を嵌めていてなお0.1mmの段差を感じ取る
>“神の手”を持つ職人(全社で10人程度しかいない)。
>従来のトヨタ比で部品精度は3倍&誤差は3分の1。

>その結果として……
>アメリカを始めとする海外工場では、とてもその生産精度を達成できず、全て国内で生産せざるを得ない事>に。
>アメリカで生まれ育てられたレクサスの車が、アメリカで生産出来なくなると言う事態を招いてしまった。

>クォリティを追求した結果、日本でしか作れないものが出来上がった。
>国産品好きとして、ここまでやってくれれば大満足です。

・・・【カイゼン】と言う言葉がそのまま欧米の自動車業界で通じる程だという。

おまけに人間にも通じるんだろうな。




>115 :コピペ :05/02/06 04:32:57 ID:ZpZ2bpIq

>東郷平八郎、イギリスで食ったビーフシチューがウマーだったので、部下に作らせようとする。
   ↓
>しかしジジイ、具にジャガイモ、ニンジン、タマネギ、肉が入っていたことだけ告げて、部下にとって完全に
>未知の料理である、「びーふしちゅー」を作れと、イジメレベルの無茶な命令をする。
   ↓
>しかし部下も「外国の料理」と言われてんのに、醤油とみりんで味付けするという開き直りをみせる。
   ↓
>肉じゃが誕生

>もはやミラクル


ホンマかいな。 (‐^▽^‐)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

笑える動画

お笑い芸人のネタらしいのだけど、笑えたのでご紹介。

"How to Enjoy Sushi"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

ドクターズ ブログ

 ネタというほどのものでもないけど、ネットをウロチョロしていてちょっと注目した。

ドクターズ ブログ

というのがあるんだそうで、ほんとのお医者さんがブログを書いているんだそうな。
なかなか面白そう。タイトルだけ見てると読んで見たくなるのは

「美人女医さんのひ・み・つ」

「やぶ医師のつぶやき」~健康、病気なし、医者いらずを目指して

結構本音トークですね。

トッページ右上からは「Ask Doctors  現役医師へ相談できるコミュニティサイト」というのがあり、何かのときに役に立つのでは・・・と思える。

まだ多くは読んでいないが、楽しそう。でも内情を知るのは痛し痒しの反面もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

ご連絡

申し訳ありませんが、書き込み頂きましたコメントは一時保留とさせていただいております。
基本的にすぐ公開させていただきますが、異国の言葉で意味不明の投稿をされるこまったちゃんがいらっしゃるので暫くはこのままになります。
ご了承ください。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

英語は苦手

そりゃーインターネットは世界中と繋がって色々な情報交換もできるし、コミュニケーションも取れる。

んでもね、僕はそんなに英語が得意ではない。

困った。

今日、英語でコメントを書いて頂いた、 そこのあなた!!!

この時期、このタイミングで・・・

文章の内容はまあ意味は分かる。

それでも拉致問題とか、スピリチュアリズムについての書き込みならまだ頷ける。
(下記:拉致問題5に対するコメント)

the only time the gentlemen of the youth group were interested in my knotting skills was when we were in competition with other youth groups.

(青年部の紳士が私が技術を結ぶことに興味があったという唯一の時は、我々が他の青年部と競争していた時でした。注:面倒なのと正確性を期すため、ネット上の翻訳ソフトを使用)

リンク先にアクセスしたら海外の薬品メーカーか?名前もpenicillinさん・・・・・?

すいません。youの書き込みはさっぱりわかりません。

一応こちらのエントリー内容と、先方のサイトの内容を考慮してコメントさせていただきました。(ニヤッ)

やっぱココログだめかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

キッズgoo 2

 今日は弘法大師入滅の日。いわゆる命日。空海さんについては幾つも書きたいことはあるのだが、いずれまた。

 さて、青少年育成には不適切な『有害サイト』をご覧の不良成人の皆様、こんばんは。
 気象庁の方が開花宣言の連絡をするニュースを見ましたが、そんなホンワカした日本の雰囲気が何ともよろしいですな。その上WBCでは我らが「日本」が世界一になった。

おめでとうございます!!!!!
最高だ!!!!!

(同じく今日「愛国心」は教育に良くないとスピーチする日教組の皆さん、残念でした。)

 昨日書いた「キッズgoo」で1件TBをいただいた。そちらを拝見すると、もれなく「有害認定」を獲得した皆様が集っておられた。よく見るとなんとこんなのがあるそうな。

「キッズgooはじかれサイト同盟」

ぶははははっ、なんだそりゃー。下にコピペ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 設立趣旨
 自分のサイトがキッズgooにフィルタリングされていることを知ったときの甘酸っぱい感覚をみんなで共有しようという同盟です。
◆ 参加資格
「キッズgooはじかれサイト同盟」への参加資格は唯一点のみです。
 キッズgooにフィルタリングされているサイト(程度は不問)。
◆ 参加方法
  どこかに登録したり報告したりする必要はありません。参加資格を満たし「参加したい」という考えが脳裏によぎった瞬間から参加していることになります。もちろん脱退も自由です。なおキッズgooからフィルタリングされなくなったら、心の底で同盟を卒業してください。
◆ 活動内容
 活動内容は以下のとおりです。
 大人向けサイトの自覚を持ち、お子様にはわからないハイレベルで高邁なコンテンツを提供しつづけます。
 サイトの管理者自身も大人の自覚を持ち、常にニヒルでシニカルそしてアダルティなサイト運営を心掛けます。
 日々キッズgooでフィルタリングされているのをチェックしほくそえみます。
◆ 注意事項
「キッズgooはじかれサイト同盟」はあくまでビターな大人のジョークです。 大人気なく怒らないでください。 特に関係者各位。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何もしなくてもどうやら同盟に入ってしまった模様である。

しかし

「創価学会」よ
「オウム真理教」よ
「朝鮮総連」よ

お前らだけは仲間に入れたらん。

笑っていいものか・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧